グリーン

葉の裏が紫の木、セイヨウニンジンボク・プルプレア(ミツバハマゴウ)は、葉も花も実も美しく、寄せ植えにもぴったり

JUGEMテーマ:植物

〔2020.10.18〕 つぼみがついて葉の裏も色づきはじめました。詳しくはこちらを見てください。

セイヨウニンジンボク プロフレア ミツバハマゴウ パーブレア

 

〔2020年1月〕
セイヨウニンジンボク プルプレア ミツバハマゴウ パープレア
セイヨウニンジンボク・プルプレアは、銅葉ニンジンボクやミツバハマゴウ・プルプレアとも呼ばれています。いちばんよく流通している名はセイヨウニンジンボク・プルプレアで、秋になると葉の裏が紫がかり、葉の表も薄茶がかった渋いグリーンになります。葉の表と裏の色合いがなんとも美しいニュアンスです。

 

 セイヨウニンジンボク プルプレア ミツバハマゴウ パープレア 実

晩夏から秋にかけて開花する藤色の花も美しいですが、秋になって葉の裏の紫が濃くなった姿は格別ですし、実も同系色で可愛らしいです。優しいニュアンスカラーの枝葉は、秋の寄せ植えをシックにまとめてくれます。

 

初めてプルプレアの苗木を購入し、寄せ植えに仕立ててみました。購入時のことや植え付けなどの様子を紹介します。自己流なのでうまくいくかわかりませんが、育ててみての様子など更新していきたいと思います。

 

Continue Reading
グリーン

ビカクシダ(コウモリラン)・リドレイの育て方:陽当たり管理、水やり方法と虫対策

JUGEMテーマ:植物

〔2020年10月17日〕
しばらくぶりに貯水葉が出てきました。実は冬頃、室内に蔓延ったコナカイガラムシの被害にあい、駆除はしたのですがそれから調子を崩し、ここ10カ月くらいは連続して胞子葉ばかりで、根元を覆ってた貯水葉は御覧の通り枯れてしまいました。だいぶ待ち望んでいたので、ようやく安心することができました。コナカイガラムシの被害や生長の様子など更新しました。

ビカクシダ リドレイ

 

リドレイをコルク板に着生させてから3年が過ぎました。鹿の角を連想させる胞子葉も葉脈のメリハリが美しいキャベツのような貯水葉もスプーンのような形状の胞子葉もどれもユニークでかっこいいです。

それでいて、過去3年の写真と比較してみて分かるのですが、リドレイって、1年や2年といった短期間に株のサイズはそんなに大きく成長しないのです。前には少し飛び出しますがサイズ感はあまり変わりません。厳密に言うと、サイズが大きくなるのにかなり時間がかかるのでしょう。うちにあるスパーバムやアルシコルネに比べると、格段にゆっくりです。これって、家で育てるのにわりと好都合だと思います。サイズがみるみる大きくなると扱いにくい面もありますし、部屋に置くのにちょうどいい大きさっていうのありますよね。

リドレイを育てていて、育てるのが難しい植物だと感じたことはありません。特殊な育て方もなく、日常的に環境と水やりを適度に気配ってやれば、その環境になじみ美しくそだってくれます。そんなわけで、丈夫で育て方も簡単、かっこいいリドレイの我が家での育て方をご紹介します。

 

〔2019年5月下旬〕

 

〔2018年6月上旬〕
リドレイ 室内

なお、リドレイをコルク板に着生させるときの注意点をまとめた記事はこちらにあります。
リドレイの仲間のアルシコルネ・マダガスカルを鉢植えから板付けに植え変えた記事はこちらにあります。
マダガスカルエンセの記事もこちらにあります。よろしかったら見てください。

 

Continue Reading
グリーン

ポインセチア・プリンセチアの育て方:赤く、きれいに色づかせるための短日処理・剪定や害虫対策など

JUGEMテーマ:植物

ポインセチア プリンセチア 短日処理 クリスマス

 

我が家はポインセチアを4年、プリンセチアを3年育てています。今年も短日処理を開始しました。上の写真は、昨年9月20日から2か月間短日処理をしたポインセチアとプリンセチアの12月24日〔95日目〕の様子です。綺麗に仕上がりました。

 

9月の中旬〜10月初旬は、ポインセチアの短日処理を開始するのにいい時期です。コナジラミやコナカイガラムシなどの害虫対策をしっかりとやり、日中は陽に当てて、毎日欠かさず短日処理すると、期待を裏切らず美しく色づき、約2か月の短日処理もやってよかったと満足感が得られます。

 

丸4年育てた経験から、短日処理、剪定、害虫対策、植え替えについて、気になったことや工夫した点などを紹介したいと思います。やはり、手間暇かけて色鮮やかに美しく育ったときのうれしさはひとしおです。

 

Continue Reading
グリーン

ゴムの木(カシワゴム・フィカス・バンビーノ/デコラ・トリコロール)を曲げる:簡単にできる曲げ仕立て、仕立て直し

JUGEMテーマ:植物

〔2020.09.22更新〕フィカス・バンビーノとデコラ・トリコロールに自分で曲げ加工して、一年経過後の姿をこちらに更新しました。
フィカス バンビーノ デコラ・トリコロール 曲げ仕立て

 

フィカス バンビーノ ゴムの木 曲げ
カシワゴムの仲間のフィカス・バンビーノです。曲げ仕立てのものを購入したものの、二枝あったうちの一枝が枯れてしまい樹形が乱れたので、曲げの仕立て直しをすることにしました。単純な曲げならワイヤーや針金で固定すれば、案外大きな湾曲も簡単に固定できます。

 

フィカス ティネケ デコラトリコロール
こちらはデコラ・トリコロールです。(ひょっとしたらティネケかも)。ゴムの木って、枝幹が柔軟にしなる品種は、手でクセ付けするだけでも結構曲がるんです。このデコラも簡単に手でクセ付けすることができます。そして、大きく曲げたり3Dにまげるのも針金を使って簡単にできます。

 

フィカス・バンビーノやデコラ・トリコロールなどのゴムの木は、新しい葉はどちらかというと縦方向に立ってしまい、横から見ると葉の裏が見えてしまいます。そこで、枝を曲げると葉の表面がよく見えて表情が出て見栄えします。

自分で曲げ仕立てするのは初めてですが、単純な加工なら思ったより簡単にできました。バンビーノとデコラに2種について、簡単にできる曲げ仕立てをご紹介したいと思います。

 

Continue Reading
グリーン

ウチワサボテンの育て方・増やし方:小型のサボテン・バニーカクタス〔白桃扇〕・銀小判

JUGEMテーマ:植物

ウチワサボテン バニーカクタス 銀小判

小型のウチワサボテンのバニーカクタスです。銀小判とも呼ばれていますね。いくつも並んだ姿はまるでガウディの建築物を彷彿とさせます。アートな一鉢ですね。小型で愛らしい姿が人気です。ふっくらふわふわな感じでつい触りたくなりますが、実は細かい棘が無数についていて、皮膚に触れると簡単に刺さり、取り去るまでちくちく痛ので、取り扱い要注意です。すごく細くて小さい棘だけにとても厄介。だけど触れさえしなければ、育てるのも増やすのも簡単です。

我が家での育て方について紹介します。

 

Continue Reading