グリーン

ゴムの木(カシワゴム・フィカス・バンビーノ/デコラ・トリコロール)を曲げる:簡単にできる曲げ仕立て、仕立て直し

JUGEMテーマ:植物

〔2020.09.22更新〕フィカス・バンビーノとデコラ・トリコロールに自分で曲げ加工して、一年経過後の姿をこちらに更新しました。
フィカス バンビーノ デコラ・トリコロール 曲げ仕立て

 

フィカス バンビーノ ゴムの木 曲げ
カシワゴムの仲間のフィカス・バンビーノです。曲げ仕立てのものを購入したものの、二枝あったうちの一枝が枯れてしまい樹形が乱れたので、曲げの仕立て直しをすることにしました。単純な曲げならワイヤーや針金で固定すれば、案外大きな湾曲も簡単に固定できます。

 

フィカス ティネケ デコラトリコロール
こちらはデコラ・トリコロールです。(ひょっとしたらティネケかも)。ゴムの木って、枝幹が柔軟にしなる品種は、手でクセ付けするだけでも結構曲がるんです。このデコラも簡単に手でクセ付けすることができます。そして、大きく曲げたり3Dにまげるのも針金を使って簡単にできます。

 

フィカス・バンビーノやデコラ・トリコロールなどのゴムの木は、新しい葉はどちらかというと縦方向に立ってしまい、横から見ると葉の裏が見えてしまいます。そこで、枝を曲げると葉の表面がよく見えて表情が出て見栄えします。

自分で曲げ仕立てするのは初めてですが、単純な加工なら思ったより簡単にできました。バンビーノとデコラに2種について、簡単にできる曲げ仕立てをご紹介したいと思います。

 

Continue Reading
グリーン

ウチワサボテンの育て方・増やし方:小型のサボテン・バニーカクタス〔白桃扇〕・銀小判

JUGEMテーマ:植物

ウチワサボテン バニーカクタス 銀小判

小型のウチワサボテンのバニーカクタスです。銀小判とも呼ばれていますね。いくつも並んだ姿はまるでガウディの建築物を彷彿とさせます。アートな一鉢ですね。小型で愛らしい姿が人気です。ふっくらふわふわな感じでつい触りたくなりますが、実は細かい棘が無数についていて、皮膚に触れると簡単に刺さり、取り去るまでちくちく痛ので、取り扱い要注意です。すごく細くて小さい棘だけにとても厄介。だけど触れさえしなければ、育てるのも増やすのも簡単です。

我が家での育て方について紹介します。

 

Continue Reading
グリーン

葉の裏が紫の木、セイヨウニンジンボク・プルプレア(ミツバハマゴウ)は、葉も花も実も美しく、寄せ植えにもぴったり

JUGEMテーマ:植物

〔2020.09.16〕色付く季節の前に鉢を仕立て直しました。詳しくはこちらを見てください。

セイヨウニンジンボク プルプレア ミツバハマゴウ パープレア 寄せ植え

 

セイヨウニンジンボク プルプレア ミツバハマゴウ パープレア

セイヨウニンジンボク・プルプレアは、銅葉ニンジンボクやミツバハマゴウ・プルプレアとも呼ばれています。いちばんよく流通している名はセイヨウニンジンボク・プルプレアで、秋になると葉の裏が紫がかり、葉の表も薄茶がかった渋いグリーンになります。葉の表と裏の色合いがなんとも美しいニュアンスです。

 

 セイヨウニンジンボク プルプレア ミツバハマゴウ パープレア 実

晩夏から秋にかけて開花する藤色の花も美しいですが、秋になって葉の裏の紫が濃くなった姿は格別ですし、実も同系色で可愛らしいです。優しいニュアンスカラーの枝葉は、秋の寄せ植えをシックにまとめてくれます。

 

初めてプルプレアの苗木を購入し、寄せ植えに仕立ててみました。購入時のことや植え付けなどの様子を紹介します。自己流なのでうまくいくかわかりませんが、育ててみての様子など更新していきたいと思います。

 

Continue Reading
グリーン

ウツボカズラ〔ネペンテス〕の育て方・苔玉に植え替え:個体差ある?捕虫袋がつかないときに試すこと

JUGEMテーマ:植物

〔2020.09.15〕背が伸びて倒れてくるので簡単な支柱を自作してまとめました。詳しくはこちらを見てください。

ウツボカズラ ネペンデス 支柱

 

〔2019.04.29〕
ウツボカズラ ネペンデス・アラタ ネペンテス・レッドアラタ

ウツボカズラ、ネペンテス・アラタ(左)とネペンテス・レッドアラタ(右)を育てて二年くらいです。上の写真が現在の写真、下が一年前の写真です。乾燥しやすい冬の間は苗帽子を使ったドームで湿度管理しています。秋から冬の間、室内の光が差し込み暖かい場所でドームの中に入れて育てると、捕虫袋も途切れることなく育ちます。冬の間、水だけ与えて放置していたのですが安定して育っています。久々に外に出してみました。

 

捕虫袋を付ける環境条件や捕虫袋を生長させるためにいろいろ工夫した点などを中心に、一年間を通した育て方と、植え付け・育てる環境・冬越し・増やし方などを、ウツボカズラ初心者ならではの視点で紹介したいと思います。

 

Continue Reading
グリーン

ビカクシダ(コウモリラン)・マダガスカリエンセの育て方:初めて育てるときの注意点・コツ

JUGEMテーマ:植物

〔2020.09.05〕下の親株の新しい貯水葉がきれいに育つようにミズゴケを足して土台のかたちを半球状に整えました。いまのところきれいに展開中。
ビカクシダ マダガスカリエンセ

 

〔2020.08.23〕バージンコルクに板付けした親株の周りに増えた子株を株分けしました。詳しくはこちらを見てください。

〔親株〕
ビカクシダ マダガスカリエンセ

〔子株たち〕
ビカクシダ マダガスカリエンセ 子株

 

マダガスカリエンセの子株を購入して2年になります。ミズゴケてんこ盛りの鉢植えで約1年育てましたが、きちんと固定〔着生〕させないとドーム状のきれいなシルエットは保てなかったので、現在ではコルク板に固定して育てています。また、空中湿度を維持するためにドーム型カバーをかけて年中その中で育てています。マダガスカリエンセは育てるのが難しいといわれますが、それは、高湿度の環境づくりだと思います。うまく保てれば、次々貯水葉や胞子葉も出てくるし、子株もたくさん出てきます。

 

我が家は、マダガスカリエンセを育てるのは初めてで、温室などの設備なしで育てる情報が少なく試行錯誤な日々です。そこで育ててみて気になった点や工夫した点など、初心者ならではの視点で育てている様子を紹介しています。

 

Continue Reading