ビカクシダ交配種 ブルームーン(ウィリンキー×ディバーシフォリウム):青白く優美なビカクシダ

〔2022.03.21更新〕そろそろ生長期ですね。子株の新しい貯水葉が小さいうちに株分けすることにしました。詳しくはこちらをご覧ください。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕
2022.01.20 P.’Blue moon’

ムーンシリーズの一つのブルームーンです。シルバーグリーンに輝き、飛ぶ様にふわりと広がる幅広の胞子葉がとても美しい品種です。貯水葉の王冠(先端)部分のフリルのような切れ込みもエレガント。上品で優雅な佇まいのビカクシダに一目ぼれして入手しました。ブルームーンの特徴や我が家での育ちの様子をご紹介します。

P.’Blue moon’〔P.willinckii × P.diversifolium〕の特徴

ブルームーンは、ウィリンキーとディバーシフォリウムの交配種です。この掛け合わせの交配種は、わりと多く、よく名前の知れた品種揃いですね。例えば、ホワイトホーク’ White hawk ‘やペガサス ‘Pegasus’ 、オモ’OMO’もそうだと言われています。どれも白銀に輝く胞子葉と、とても強靭で育てやすいところは同じですが、やはり形態的な個性は違います。ウィリンキーとディバーシフォリウム の掛け合わせでも、親の血をを受け継ぎながら違う個性を持つのは、生物の多様性ですね。

ディバーシフォリウムは、ビフルカツムとヒリーの交配種〔 P.bifurcatum× hillii 〕と言われています。なので、ブルームーンは3つの血統を持つ種ということですね。ブルームーンの幅広の胞子葉にどこかヒリーを感じるのは、血を受け継いでるからなんですね。

ブルームーンの特徴は、青白くて幅が広い胞子葉です。どっしりとした胞子葉がふわりと弧を描く様は、優雅でとてもきれいです。

まだ、子株なのにかなり大きな胞子葉なので、すごく育つ予感がします。とっても丈夫で活発に生育します。冬ですが一日の伸びが目に見えて分かるのがすごい!

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕

シルバーグリーンの葉の魅力

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕
星状毛によって白く輝く胞子葉

ブルームーンがシルバーグリーンに輝くのは、星状毛といわれる放射状に伸びた毛が葉の表面に生えているからです。葉や茎などにみられる毛状組織はトリコーム(トライコーム)と呼ばれ、星状毛はその一つです。

白銀に輝く星状毛は、ウィリンキーの特徴を引き継いでいて、ブルームーンも星状毛がとても密に生えてます。星状毛は葉が生長して大きくなっても増えないので、生長に従って密度が下がり、葉の地色が出てきますが、ブルームーンは、もともと密度が高いので、葉が大きくなっても白さが残ります。

葉の葉脈が白く際立つのもお気に入りのポイントです。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕
ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕

よく日に当てるとふわふわ白銀に!

星状毛の役割は、強い日光〔紫外線〕・乾燥・害虫からの防御と考えられています。この星状毛が濃いほど胞子葉は白く見えるわけです。ですので、より白く育てるには、日光によく当てるといいですね。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕

我が家では、同じく トリコーム の多いウスネオイデスも数年育てていますが、日光に当てず部屋の中でしばらく育てていると、 トリコーム が薄くなり緑色になってきます。日差しによく当てて育てるとふわふわの銀白色に育ちます。(ウスネオイデスを育てている記事はこちらにあります。よろしければ見てください。)

ビカクシダも同じで、美しい銀白色のふわふわ葉に育てるには、日光によく当てます。ただし日焼けさせない程度にです。また、星状毛は剥げやすいので注意ですね! 剥げたらもとに戻らないので…。我が家では、葉を擦って剥がしてしまうことよくあります💦。

貯水葉も優美

とてもふわっと柔らかいイメージですね。ビーチーのように不動明王の後背の焔のような激しく尖ったフォルムをかっこよく魅力的ですが、ブルームーンはその対極にあるようなビカクシダです。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕
フリルのような貯水葉先端部
ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕
貯水葉も白く葉脈が美しい

子株もよく増える

9月に不定芽を三つ発見しました。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕
2021.09.13
ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕
2022.01.14

真ん中の仔は、貯水葉だけ見えていますが、下の仔の貯水葉で生長点は隠れています。春になって、活発に動き出す頃になれば、株分けして救出しようと思っています。

我が家の育て方

冬の管理環境・育て方のポイント

丈夫で育てやすい品種です。いままでにトラブルもありません。下の条件で育ていますが冬でも葉をだしてグングン育っています。

  • 陽によく当てること 
  • 15℃以上の気温で管理すること
  • 風通しを良くすること
  • 適度な湿度を保つこと

出来るだけ陽に当てています。冬は晴天の日が多いので、我が家のベランダの陽が直接当たる部分は、かなり暖かくなります。冷たい風が吹かない晴天の日、温度計を見ながら、朝15℃を超える頃にはベランダのよく日が当たる部分に吊るし、陽が傾く頃には室内に入れています。

ただし、陽射しが強かったり、高温では、下の写真のように、葉がしなっと下に垂れたようになります。葉焼けしないよう陽射しには徐々に慣らしていますが、幅広の大きな葉なので多少は致し方ないかなと思ってます。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕

夕方室内にいれると、またふわりと羽ばたいてるようなフォルムに戻りますけどね。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕

また、加湿にならないように、1~2日で水苔が乾くくらいの風通しと水やりを心掛けています。ミズゴケを湿らせ根に水をあげるのではなく、根茎の先端(成長点)付近にあげることをイメージして水やりしています。ミズゴケの湿り気は、根茎を乾かさない程度に湿っていればいいのではと思います。

肥料は、貯水葉に直接あたらないように緩効性肥料をミズゴケの上の方に置いています。成長点付近の根茎に栄養成分が溶けた水がいくような場所ですね。冬場、成長が停止しているような場合は肥料はよくありませんが、ぐんぐん生長しているので緩効性肥料を使っています。ビカクシダは、肥料食いとよく言われますが、その通りで、適度に肥料を与えると活発に生長しますね。

まだ成長過程なので、この先どう変化していくか楽しみです。引き続き、生長の様子を更新していきたいと思います。


我が家では、ブルームーンの他にも7種類のビカクシダを育てています育て方などの記事も書いているのでよかったら見てください。

株分け

〔2022.03.21更新〕1月の写真に比べ葉が長く大きくなりました。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕
2022.03.21 親株

親株も子株も順調に生長しているので、本格的な生長期に入るまでに株分けすることにしました。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕 親株と子株

株分け作業スタート

親株・子株ともにいったん板から外します。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕 株分け

テグスを切り、剥がそうとしましたが、かなりしっかり着生していました。注意深く、指で探りながら剥がしていきます。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕 株分け
ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕 株分け
外した株

子株の切り分け

子株は園芸ばさみを使って切り取りました。園芸ばさみは、アルコールでさっと拭いて消毒すると安心です。

テグスも貯水葉の重なりの内側に残っているので、引っ張るよりもバシバシ切った方が株に負担がかかりません。親株の古い貯水葉の内側のミズゴケまで切り、貯水葉を切らずに残すと、見た目損傷がなく済みます。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕 株分け 子株の切り離し

親株の再板付け

切断したテグスは抜けるものだけ抜き、再び同じコルク板に板付けします。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕 植え付け

切断した部分に水で濡らしたミズゴケとベラボンを混ぜた用土を補います。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕 植え付け

板に置いて隙間をミズゴケで埋めます。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕 植え付け

テグスで固定して親株は完成。テグスを巻く作業は、板を持っている人とテグスを撒く人の2人でやると簡単です。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕 植え付け

ジャパン蘭土 ニュージー産圧縮水苔AA 150g

新品価格
¥2,080から
(2022/5/4 16:49時点)


FUJICK(フジック) 培養土 あくぬきベラボン 4L Mサイズ

新品価格
¥638から
(2022/5/4 17:17時点)

子株の切り分けと板付け

3つ新芽があったはずですが、2つの間に隠れてしまった芽は育たなかったようです。2つを分けます。自然に分かれる所で切ります。残ったテグスも優しく抜き取ります。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕 株分け 子株の切り離し

こちらも手で引っ張るように分けるよりもハサミで切り分けたほうが、株に負担にならないです。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕 株分け 子株の切り離し

子株は、親株と板との隙間に出ているので貯水葉の形が歪んでいる場合が多いです。板付けするとき成形しくいので、貯水葉を切って整えます。
下の写真の株は、上側に位置していた方の子株です。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕 株分け 子株の整形

貯水葉は結構厚みがあり、硬めのスポンジのように弾力があります。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕 株分け 子株の整形

コルクの板の凸凹に水で濡らしたベラボンとミズゴケを混ぜたものを詰め平らにした後、成長点を中心に半球状にミズゴケを盛っていきます。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕 株分け 子株の植え付け

一度にきれいに盛れなくても、一度テグスで固定してから、足りない所に付け足してまたテグスを巻くというように、数回に分けて、整えていけばきれいに仕上がります。

完成です。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕 株分け
ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕 株分け

こちらは、下側に位置していた方の子株です。同じようにベラボンとミズゴケで成形します。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕 株分け 子株の整形

2つともに完成です。

ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕 株分け
ビカクシダ ブルームーン 交配種P.'Blue moon'〔P.willinckii × P.diversifolium〕 株分け
親株とともに

しばらく養生して様子をみます。

ジャパン蘭土 ニュージー産圧縮水苔AA 150g

新品価格
¥2,080から
(2022/5/4 16:49時点)


FUJICK(フジック) 培養土 あくぬきベラボン 4L Mサイズ

新品価格
¥638から
(2022/5/4 17:17時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました