グリーン

チランジア・キセログラフィカの育て方:着生は必要? 発根するとぐんぐん育つ

JUGEMテーマ:植物

〔2019.08.03〕
エアープランツ チランジア キセログラフィカ

下の写真の3月とさほど印象は変わらないのですが、葉が伸びて幅広くなっています。

 

〔2019.03.24〕
チランジア・キセログラフィカ

2017年の7月にチランジア・キセログラフィカのLサイズ〔直径約18cm〕を通販で購入、丸2年が経過しました。2018年の4月に発根しました。

夏期はベランダで夏を越し、11月頃から冬季は室内の明るい窓際で育てて、また、夏が巡ってきて現在に至ります。発根してからは、夏には葉と葉の間の水タンクが大きく発達し、いつの間にかぐんぐん生長しました。そして肌寒い季節から冬は、新しい葉が出るなどの生長はないものの葉が長く太くなり、ボリュームが出て形がきれいに整っています。キセログラフィカの生長には発根がカギのようです。

購入時から現在にいたるまで順調に育ってきました。我が家の育て方を紹介したいと思います。

 

〔2018.10.23〕
チランジア・キセログラフィカ

 

〔2017.07〕
チランジア・キセログラフィカ

 

Continue Reading
インテリア

コードやコンセント、ルーター、モデムの配線をすっきり隠すDIY!:100均の材料でも造り付けみたいに仕上がる 

工作 DIY

簡単な工作でルーターや電源コードすっきり隠します。以前はルーターボックスを使っていたのですが、ルーターを隠しちゃうとルーターが調子悪いとき面倒なんですよね。ボックスに入れて熱がこもってしまうと不調の原因になる可能性も。そこでルーターを隠さずごじゃごじゃとしたコードやコンセントを場所をとらず隠すカバーを自作してみました。目立たずシンプルに、市販品ではスペースが合わないなどの場合におすすめです。百均で手に入るもので作っているので、200〜300円の材料費で造り付けみたいに見えます。

上にも物が置けるようにすれば、結構無駄なくスペース利用できますよ。

 

Continue Reading
インテリア

DIY!室内の壁のペイント(塗装)は意外と簡単:壁紙の上からきれいにペインティングするコツ - 単色でも多色でも思いのまま

JUGEMテーマ:リフォーム

壁 ペイント DIY

 

日本ではクロスの張り替えがポピュラーで、ペンキを塗るのはまだまだ普及していないですよね。我が家は初めてながら、単色塗りと写真のような多色使いに挑戦してみました。ですが、やってみてびっくり! 思ったより簡単にリーズナブルで部屋が見違えるようになります。やる前はきれいに塗れないのではとか、失敗したらどうしようとか思っていたのですが、塗装はやり直しがきくので、初心者でも恐れずトライできますよ。

においの少ない環境配慮の水性のペンキも最近は色数が豊富に出ています。準備をキチンとすれば、一日で仕上がります。お部屋のイメージを一新したいと思い立ったら、一面だけ色を変えてみるといいですよ。ペイントなら簡単にできてしまいます。

今回初めて挑戦してみて注意する点やコツについてまとめてみました。

 

また、この壁の対面を下の写真のように濃い色の単色塗装とステンシルで仕上げました。ステンシルの方法やコツなどは、こちらの記事にまとめましたのでご覧ください。

壁 塗装 ペイント ゴールド ステンシル マンダラ

 

Continue Reading
グリーン

ガステリア・ドラゴンスキンの育て方・株分け・植え替え・花

JUGEMテーマ:植物

ガステリア ドラゴンスキン 花

ガステリア・ドラゴンスキンの花です。属名のガステリアとは、花の形が胃(gaster)に似ているというのが語源になているとのことです。確かに…。昨年の夏に子株が出来て、今年の6月末に株分け・植え替えしました。それと同時期に親株からにょきにょきと花茎が伸び上の写真の花が咲きました。とても愛らしいです。ガステリアの中でも、ドラゴンスキンは流通量がすくない希少植物です。入手したい場合は、通販で時々販売されているので、日ごろからチェックしておくのがよいと思います。ドラゴンスキンの名の通りごつごつした硬い手触りの葉が扇状に生えます。生長はとてもゆっくりです。希少植物で気難しそうな外見なのに意外と丈夫で育てやすい植物です。

育て方や株分け、植え替えについてご紹介します。

ガステリア ドラゴンスキン 花

 

Continue Reading
グリーン

アデニウム・オベスム(砂漠のバラ)の育て方:根腐れか?幹がブヨブヨ柔らかい状態から植え替えして復活。そして冬越し

JUGEMテーマ:植物

〔2019/07/07追記〕アデニウム・オブスムの子株を育てて2年になります。最近の生長について追記しました。詳しくはこちらを見てください。

 

アデニウム・オベスム

砂漠のバラと言われるアデニウム・オベスムを通販で購入。購入後2日で幹が柔らかくブヨブヨになってしまい植え替えをしました。初めて育てる植物だったこともあり、いきなり植え替えしなければいけない状態に陥ったのですが、持ち直し回復しました。砂漠で育つ植物は日本で育つものと性質が違いすぎて、うまく育てるのに手こずります。我が家と同じような初心者の方もいらっしゃると思うので、購入時の注意点や幹ブヨブヨの対策として参考になれば幸いです。

 

植え替えてからの生長は以下の通りです。植え替えから真ん中は2週間後、一番右は40日後です。

アデニウム・オベスム 植え替え直後アデニウム・オベスム 植え替え2週間後アデニウム・オベスム 9月27日

 

夏の間に大分根元が太くなり、葉も増えました。

 

Continue Reading