グリーン

ハンギングに最適なトラディスカンティア・フルミネンシス(ラベンダー)の 育て方:斑がなくなった・緑の葉が出たときの対処方法/挿し木/植え替え

JUGEMテーマ:植物

トラディスカンティア・フルミネンシス ラベンダー

トラディスカンティアは、美しい斑が入るツユクサ科の多年草です。ほふく性があり、垂れ下がるのでハンギングすると素敵です。

耐陰性があり室内に置くことができますが、光に当ててやると斑入りがはっきりと鮮やかになります。

トラディスカンチア・フルミネンシス

 

我が家は、トラディスカンティア・ラベンダーをダイニングテーブルの上に吊るしていますが、壁の色や照明器具とマッチして優し気な雰囲気を醸してくれています。

トラディスカンティア・フルミネンシス ラベンダー

トラディスカンティアはとても丈夫で生育旺盛な植物なのですが、育てる上で一番の困りごとは、突然斑が入らなくなり緑一色の葉が生え始めることです。斑入り植物の先祖返りといわれますが、斑があるからこそ美しいのであって、緑一色になるとショックですね。

美しい斑入りの葉を保つため、どうすればいいのか、トラディスカンティアの日常のお手入れや先祖返りの際の対処法について、我が家の育て方をご紹介したいと思います。

 

Continue Reading
グリーン

葉の汚れ・水あかをとってきれい(ツヤツヤ)にする方法:リーフクリンは簡単で効果的!

JUGEMテーマ:植物

リーフクリーン クッカバラ

葉につやがなくなったり、水あかの白いあとが付くとなかなか取り去るのが面倒です。そんな時には「リーフクリン」をスプレーすると、まるで新芽のようなみずみずしいつやが蘇りますよ。室内に植物を置くならぜひ使ってみるといいですよ。気分が上がります。

リーフクリンは、表面がつるっとした葉に適しており無害ですが、一部薬害がある植物や効果的でない植物があります。また、使用上の注意もあるので、その辺も含めて紹介したいと思います。

 

Continue Reading
グリーン

植物をハンギングして楽しむ:室外〔ベランダ〕と室内での吊るし方

JUGEMテーマ:植物

ベランダ 植物 ハンギング 突っ張り棒 

我が家ではハンギングスタイルに仕立てた植物が徐々に増えて場所に困ってきたので、ベランダ壁面に突っ張り棒とワイヤーネットでハンギング植物コーナーを作りました。夏季はちょうどいい明るめの日陰で、秋〜冬〜春には暖かい日差しも当たります。

季節に合わせて各々の植物に適合する場所で育ててあげたいですよね。

植物 ハンギング 室内 リビング ダイニング

もちろん時には室内に吊るしてリラックスするひとときを楽しんでいます。そんな我が家のハンギングをご紹介します。

なお、写真のポトスの苔玉は自作したものです。作り方はこちらを見てくださいね。

 

Continue Reading
グリーン

ポインセチア、プリンセチアをきれいに色づかせるための短日処理:剪定や害虫対策など一年間の育て方

JUGEMテーマ:植物

ポインセチア 短日処理〔2017年クリスマス頃〕

そろそろポインセチアの短日処理に入る時期がやってきました。

写真は昨年、ポインセチアを育てて一年目で、我が家で初めて短日処理をして赤くしたポインセチアです。昨年初めて短日処理した時は、素人がうまくできるのかとちょっと半信半疑でしたが、思いのほか美しく赤くなり、約2か月の短日処理もやってよかったと満足感が得られました。

そして今年は2年目、2回目の短日処理を9月下旬からやりたいと思います。今年は、ポインセチアに加えてプリンセチアも育てました。去年の12月初旬に購入したプリンセチアは、上のポインセチアより葉が大きい種類です。かなり見応えがありますね。プリンセチアもポインセチアと同じ育て方をします。

プリンセチア

短日処理に必要なことは

  • 毎日12時間以上遮光すること。例えば、17時に覆いをし、翌朝8時に覆いをはずして日に当てるを毎日繰り返す。
  • 少なくとも花芽が形成される40日以上、毎日欠かさず短日処理を行うこと。

習慣になれば簡単なこととはいえ、時間的に難しい場合も多いことと思います。だけど、やってみたいと思う方も結構いらっしゃるのではないかなとも思います。

去年の一年の育てた経験から、植え替え、剪定、短日処理、害虫対策について、気になったことや工夫した点などを紹介したいと思います。やはり、手間暇かけて色鮮やかに美しく育ったときのうれしさはひとしおです。今年はさらに美しく育ってほしいです。

 

Continue Reading
グリーン

エアープランツの栽培:チランジア・ベルティナの開花から子株形成

JUGEMテーマ:花のある暮らし

ベルティナ 花

2017年7月の中頃、我が家のチランジア・ベルティナが開花しました。葉が赤く染まって、次々と筒状の紫の花が咲きました。花が終わり、徐々に赤みが褪めていき、全く生長が見られなくなっていたベルティナに突然子株発見!

見えないところで、次の世代の準備をしていたんだね。

開花から、新しい株発見までの様子を紹介します。

〔2018年7月21日更新〕

子株の生長の様子をこちらに追記しました。よろしかったら見てください。

 

Continue Reading