グリーン

ビカクシダ(コウモリラン)・リドレイの育て方:陽当たり管理、水やり方法と虫対策

JUGEMテーマ:植物


〔2019年5月26日〕

リドレイをコルク板に着生させてから約1年10ケ月です。順調に貯水葉も胞子葉も出して育っています。鹿の角を連想させる胞子葉も葉脈のメリハリが美しいキャベツのような貯水葉もスプーンのような形状の胞子葉もどれもユニークでかっこいいです。

それでいて、下の一年前と比較してみて分かるのですが、リドレイって、1年や2年といった短期間に株のサイズはそんなに大きく成長しないのです。厳密に言うと、サイズが大きくなるのにかなり時間がかかるのでしょう。うちにあるスパーバムやアルシコルネに比べると、格段にゆっくりです。これって、家で育てるのにわりと好都合だと思います。サイズがみるみる大きくなると扱いにくい面もありますし、部屋に置くのにちょうどいい大きさっていうのありますよね。

リドレイを育てていて、育てるのが難しい植物だと感じたことはありません。特殊な育て方もなく、日常的に環境と水やりを適度に気配ってやれば、その環境になじみ美しくそだってくれます。そんなわけで、丈夫で育て方も簡単、かっこいいリドレイの我が家での育て方をご紹介します。

 

リドレイ 室内

なお、リドレイをコルク板に着生させるときの注意点をまとめた記事はこちらにあります。
リドレイの仲間のアルシコルネ・マダガスカルを鉢植えから板付けに植え変えた記事はこちらにあります。
マダガスカルエンセの記事もこちらにあります。よろしかったら見てください。

 

Continue Reading
グリーン

フィカス・ウンベラータの剪定と増やし方:挿し木(水挿し)・取り木の方法と失敗しないコツ

JUGEMテーマ:植物

フィカス ウンベラータ 剪定 挿し木 水挿しフィカス ウンベラータ 剪定 挿し木 水挿し

フィカス・ウンベラータの剪定や挿し木は5月〜7月頃が適期です。ウンベラータの夏季はワンシーズンで20〜30cm伸びます。気に入っていた樹形が崩れてきたり、あるいは背が高くなりすぎて屋内外の移動や室内での採光などの点で扱いづらくなったと思ったら、この季節に剪定して形を整えるといいですね。適切な剪定をして、適度な陽当たりと風通しのよい環境で育てれば、元気で生き生きと育ってくれます。

また、切り取った枝から増やすのに、挿し木と取り木という方法があります。短い枝は挿し木が、長い枝は取り木が適していると思います。挿し木は、我が家では水挿し(水を入れた容器に挿して)で発根させています。水挿しも取り木もどちらも成功率高く発根します。

 

フィカス ウンベラータ 剪定 挿し木 水挿し
〔水挿し〕での発根

 

フィカス ウンベラータ 取り木 根が生えた
〔取り木〕での発根

 

剪定のコツや挿し木(水差し)、取り木の仕方について、我が家の方法をまとめてみました。

 

Continue Reading
グリーン

カンパニュラ・ベルフラワー(オトメギキョウ)の育て方:ベランダで植木鉢で育てる・簡単なので毎年咲く

JUGEMテーマ:花のある暮らし

カンパニュラ・ベルフラワー

ベルフラワーを育てて7年目です。もともとはポット苗て購入したものですが、現在のようにツタのカゴにヤシマットを敷いて植え替えました。するとみるみる増えて現在に至ります。育てやすいのでベランダガーデニングにお勧めですよ。ほぼ放置なのに毎年鉢いっぱいに花を咲かせます。愛らしい青い花がこんもりと咲く姿は見応えがあります。

 

カンパニュラ・ベルフラワー 花

我が家の育て方をご紹介します。

 

Continue Reading
グリーン

ベランダの鳩よけ:テグスやハットラップが効果的なケースは? 自分でできる鳩を侵入させない工夫とコツ

〔2019/05/02更新〕
鳩よけ ベランダ 対策

マンションのベランダは、特に4月〜6月にかけて、鳩にとって好都合な巣作りの場です。地域によっては通年繁殖期のようです。うちのベランダも多い年では春の間に巣作り+産卵前の撤去を数回繰り返すなど、あまりのしつこさに悩まされましたが、鳩よけ対策を試行錯誤しているうちに追い払うことができました。実際のところ、昨年まで有効だった対策も今年は破られるなど、色々とありましたが、最終的な対策後は寄り付かなくなって数週間経っています。

鳩よけ対策のグッズも、台風にも負けず、壊れることなく取りつけたままの状態を保っています。

鳩は、毎年同じところに巣を作ろうとしますし、いったん巣作りを始めた場所は、何回撤去しようとも執着します。通販やホームセンター、百均など身近なものでも効果があります。我が家がやった対策について紹介します。

 

Continue Reading
グリーン

レースラベンダーの育て方・剪定・植え替え

JUGEMテーマ:花のある暮らし

〔2019年4月3日更新〕首都圏で鉢植えのレースラベンダーをベランダで育てて6年目の春を迎えました。育てた経験を通して、地植えではなく植木鉢で、毎年、花期を長く元気に育てるために必要な育て方のポイントや、一年を通じた剪定のタイミングと方法、同じ大きさの鉢に植えなおす注意点などをまとめました。

レースラベンダー
〔1月のレースラベンダー〕

レースラベンダーは、レースのように切り込んだ葉が美しいラベンダーです。我が家では6年目の春を迎えました。花期が長く、性質的に植木鉢で育てるのに適しているので、ベランダガーデニングにはぴったりです。我が家ではほぼ年中花が咲いています。比較的暖かい冬では、秋から途切れず1月でも花盛りの年があります。上の写真は2018年1月のものです。2019年も秋から継続して花が咲き続けていました。

何年も元気に花を元気に咲かせ続けるには、強剪定と数年に一度の植え替えが大切です。

毎年2月〜3月に一度思いっきり切り戻して、新芽の生長を促します。また、植え替えも株を元気にするために必要です。我が家ではこれ以上株を大きくしたくないので、同じ植木鉢に根を整理して植え戻しています。

我が家でのレースラベンダーの育て方や剪定、植え替えについてご紹介します。

 

Continue Reading