グリーン

カラジウム:夏から秋 葉柄(葉の茎)が伸びて倒れないようにする育て方

JUGEMテーマ:植物

カラジウム

カラジウムの葉が倒れてきれいな姿で維持できないことはありませんか?カラジウムを購入後、美しく保つのに一番大切なのは陽当たりです。

我が家は去年購入したときは、購入から2〜3週間もすると葉柄が徒長してしまい、バサバサと倒れてきて9月に突入し、新しい葉も育たず終わってしまいました。どうやら日照不足だったみたいです。それでもやはり涼しげな葉は魅力的で今年も購入。いろいろ気を付けながら育てています。6月の初め頃購入して、夏の間は新しい葉も次々あがり、葉も大きく育ちました。

10月になると、葉が倒れて自然に枯れていくようになります。来年に備え、よい球根を育てるには、倒れる葉を持ち上げて出来るだけ長い期間、陽に当てるようにするといいようです。

我が家の育て方を紹介します。

Continue Reading
グリーン

ルリマツリ(プルンバーゴ)の枝支え:フラワーガード(支柱)をワイヤーハンガーで自作

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

.LJZL

ルリマツリ(プルンバーゴ)は、初夏から秋にかけて、花期が長い半つる性の常緑低木です。青い花がふわりと咲いて風に揺れる様子は、夏のベランダを涼し気に色どります。花が美しい、花期が長い、丈夫といい所ばかりですが、樹形が崩れがちになります。支柱やオベリスクを立てて樹形を整えるのもいいのですが、自然に垂れ下がって風にゆれる様も情緒があります。

そこで目立たぬように自然に枝を支えるフラワーガードをワイヤーハンガーで自分で作ってみました。ルリマツリは冬になると葉が落ちてしまい剪定もするので、生長期のちょっと困ったときにだけ支えてあげる簡単なフラワーガードは以外と便利ですので、ご紹介します。

カラジウムにもワイヤーハンガーを1つだけ使ったフラワーガードを取り付けてみました。よろしかったらこちらの記事も見てください。

Continue Reading
グリーン

ビカクシダ・スパーバムの育て方/真夏の葉焼け 

JUGEMテーマ:植物

スパーバム 真夏のダメージ

関東では、9月に入り急に気温が下がりましたね。2月の購入から7月終わり頃までは順調に育っていたスパーバムでしたが、8月の間のサウナのような熱風攻撃にやられ、貯水葉の縁は焼き過ぎて乾燥したクレープの縁のようにビラビラになり、鹿の角のような葉の上部の切れ込みは伸び悩み写真のようなかわいそうな状態となりました。これって直射日光に当てず、明るい日陰でこうなったので原因はやはり熱波ですね。夏は順調に生長すると思っていましたが、猛暑のなかベランダできれいな貯水葉を育てるには難しいかもしれません。

スパーバムを購入した時の様子はこちらに、一年間の生長と育て方についてはこちらにまとめてあります。よろしかったら見てください。

Continue Reading
グリーン

夏のベランダ:ウッドデッキのステップを繋げて縁側に

ベランダ デッキ 縁側

元々置いていたウッドデッキのステップにサイズ違いのものを2個買い足して、繋げて縁側にしました。ステップの両サイドにレンガを摘んで一体感を出してます。毎日暑い日が続きますが、夕涼みにちょうどいい場所になりました♪

Continue Reading
グリーン

フィロデンドロン・クッカバラの植え替え

JUGEMテーマ:植物

フィロンデンドロン クッカバラ 植え替え

先日(6/20)の雨と暴風で、クッカバラの植木鉢が倒れ、割れてしまいました。

陶器の鉢だし重いので大丈夫かと思ってましたが、台風並みの突風にやられてしまいました。細長く底面積が小さい鉢は、突風に要注意です。

現在の鉢に植え替えてから4年程度、全体のバランスとしてはちょうどいいのですが、そろそろ植え替えてもいい時期と思い始めていた時でした。そこで、一回り大きい鉢に植え替えました。

これまでの育て方についてはこちらに記事がありますので見てください。

 

Continue Reading