グリーン

ポインセチア、プリンセチアをきれいに色づかせるための短日処理:剪定や害虫対策など一年間の育て方

JUGEMテーマ:植物

ポインセチア 短日処理〔2017年クリスマス頃〕

そろそろポインセチアの短日処理に入る時期がやってきました。

写真は昨年、ポインセチアを育てて一年目で、我が家で初めて短日処理をして赤くしたポインセチアです。昨年初めて短日処理した時は、素人がうまくできるのかとちょっと半信半疑でしたが、思いのほか美しく赤くなり、約2か月の短日処理もやってよかったと満足感が得られました。

そして今年は2年目、2回目の短日処理を9月下旬からやりたいと思います。今年は、ポインセチアに加えてプリンセチアも育てました。去年の12月初旬に購入したプリンセチアは、上のポインセチアより葉が大きい種類です。かなり見応えがありますね。プリンセチアもポインセチアと同じ育て方をします。

プリンセチア

短日処理に必要なことは

  • 毎日12時間以上遮光すること。例えば、17時に覆いをし、翌朝8時に覆いをはずして日に当てるを毎日繰り返す。
  • 少なくとも花芽が形成される40日以上、毎日欠かさず短日処理を行うこと。

習慣になれば簡単なこととはいえ、時間的に難しい場合も多いことと思います。だけど、やってみたいと思う方も結構いらっしゃるのではないかなとも思います。

去年の一年の育てた経験から、植え替え、剪定、短日処理、害虫対策について、気になったことや工夫した点などを紹介したいと思います。やはり、手間暇かけて色鮮やかに美しく育ったときのうれしさはひとしおです。今年はさらに美しく育ってほしいです。

 

Continue Reading
グリーン

吊り(ハンギング)苔玉の作り方:ポトスは室内でハンギングして育てるのに最適

JUGEMテーマ:植物

最近の生長の様子をこちらに追記しました。(2018年8月27日)

吊り苔玉

ワイヤーハンガーを加工して吊りフックをつくり、ポトスのハンギング苔玉を作ってみました。

植木鉢のハンギングスタイルが一般的ですが、苔玉にしつらえると風情があって素敵です。また、ポトスは耐陰性があり丈夫なので室内で育てやすいうえに、つるがぐんぐん伸びるので吊るして育てるのに最適です。

写真の苔玉ポトスは、苗を買って苔玉に仕立てたばかりです。つるが伸びて垂れ下がるとさらに感じよくなりそうです。ポトスは生長が早いので、垂れ下がってくるまでもうしばらくといったところでしょうか。楽しみです。

どんな植物でも室内だけでは生長が難しく、やはり屋外の風通しのいいところで陽を浴びる必要があります。また水やりも吊るしたままではなかなか難しいですね。わりと頻繁に植物を上げ下ろしするのは、フックの掛け外しが簡単なほうがいいですよね。天井などの高いところから吊るす場合、掛け外しにいちいち脚立が必要になると面倒です。掛け外しを簡単にするには、吊り具が長くて自立していると便利なのです。ワイヤーハンガーを加工して作った吊り苔玉は、案外見た目もスマートで気に入っています。

我が家での吊り苔玉の作り方をご紹介します。

なお、室内やベランダでのハンギングの仕方については、こちらの記事にまとめてあります。よろしかったら見てください。

 

Continue Reading
グリーン

エアープランツ(チランジア)を寄せ植えして飾る:コルクに固定・接着・着生する方法ーイオナンタ・ハリシー・ファシクラータ・ベルティナ

JUGEMテーマ:植物

エアープランツ ハンギング

バージンコルク板にエアプランツをレイアウトしてみました。特徴的な花苞がついたファシクラータをメインに、百均でも簡単に入手できるイオナンタやハリシーと、一年前から育てているベルティナを寄せ植えしてみました。どれもお手頃価格のエアプランツです。

インテリアとしても見応えがあり、なおかつ日ごろのお手入れもやりやすいハンギングできるエアプランツの寄せ植えについて、ご紹介したいと思います。

ベルティナの開花から子株形成までの記事はこちらです。よろしかったら見てください。

Continue Reading
グリーン

エアープランツの栽培:チランジア・ベルティナの開花から子株形成

JUGEMテーマ:花のある暮らし

ベルティナ 花

2017年7月の中頃、我が家のチランジア・ベルティナが開花しました。葉が赤く染まって、次々と筒状の紫の花が咲きました。花が終わり、徐々に赤みが褪めていき、全く生長が見られなくなっていたベルティナに突然子株発見!

見えないところで、次の世代の準備をしていたんだね。

開花から、新しい株発見までの様子を紹介します。

〔2018年7月21日更新〕

子株の生長の様子をこちらに追記しました。よろしかったら見てください。

 

Continue Reading
グリーン

小型の熱帯スイレン/ミニミニミロク:スイレン鉢不要 コンパクトサイズのウォーターガーデンを楽しむ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

熱帯スイレン ガラス容器

ミニミニミロク 熱帯スイレン

夏が近づくにしたがって、涼を楽しむ鉢が欲しくなります。子どもが小さな頃は、スイレン鉢を購入して水生植物やメダカも買ってビオトープを作ったものですが、結構管理が面倒な上に冬の間が殺風景なので、もっとコンパクトに楽しめないかと思っていました。

この熱帯スイレンは、すごーくコンパクトで、一目で「コレだ!」と思いました。うちで購入したのは、薄紫のミニミニミロクという名前です。白い花のミニミニドウベンというのも売っています。

花を生ける感覚で、スイレンを楽しむことができる上に、途絶えることなく次々と花が上がってきて、いつも1〜2輪の花が咲いています。簡単だけど、とても爽やかな気分になりおすすめです。

Continue Reading