グリーン

ヒペリカム・ゴールドフォームの育て方と寄せ植え:日照条件や季節で葉の色が変わる!オトギリソウ科の小低木

JUGEMテーマ:花のある暮らし

〔2020.05.30更新〕
ヒペリカム・ゴールドフォーム
        冬            春

 

ヒペリカム・ゴールドフォームは、ヒペリカム・カリシナムの枝変わりを固定させたOZ-Plantsさんのオリジナル品種です。春・夏はライトグリーンの葉ですが、寒さに当たるとオレンジ色に変わります。また、半日陰ではライムグリーン、陽当たりがいいところにおくとイエローに変化します。葉の色が変化するってわくわくしますね。

 

下は購入時(2019年10月)の写真です。

ヒペリカム・ゴールドフォーム オトギリソウ科

この時、新芽は黄色くなってきていました。

 

小低木なので、鉢植えにもよさそうです。我が家では、このゴールドフォームを寄せ植えに仕立てました。

寄せ植え ヒペルカム ゴールドフォーム メラレウカ ゴールドファイヤー アジュガ

 

ヒペリカム・ゴールドフォームを育てるにあたって調べたことや、寄せ植えした植物についてご紹介したいと思います。

 

Continue Reading
グリーン

ベランダの鳩よけ:テグスやハットラップが効果的なケースは? 自分でできる鳩を侵入させない工夫とコツ

〔2020/05/30更新〕
鳩よけ ベランダ 対策

マンションのベランダは、特に4月〜6月にかけて、鳩にとって好都合な巣作りの場です。地域によっては通年繁殖期のようです。うちのベランダも多い年では春の間に巣作り+産卵前の撤去を数回繰り返すなど、あまりのしつこさに悩まされましたが、鳩よけ対策を試行錯誤しているうちに追い払うことができました。実際のところ、一昨年まで有効だった対策も昨年は破られるなど、色々とありましたが、最終的な対策後、通年の鳩の居場所である向かいの家の屋根には止まるものの、我が家のベランダに侵入することなく過ごし、今年はまったく姿を見せなくなりました。

鳩よけ対策のグッズも、台風にも負けず、壊れることなく取りつけたままの状態を保ったまま3年目を迎えました。

鳩は、毎年同じところに巣を作ろうとしますし、いったん巣作りを始めた場所は、何回撤去しようとも執着します。通販やホームセンター、百均など身近なものでも効果があります。我が家がやった対策について紹介します。

 

Continue Reading
グリーン

ペディランサス・ミルクハーモニーの育て方:トウダイグサ科の希少な多肉植物

JUGEMテーマ:植物

〔2020.05.14〕初夏の様子を追記しました。
トウダイグサ ぺディランサス ユーフォルビア ミルクハーモニー

太陽光を浴びてほんのりピンクに染まったミルクハーモニーです。

 

〔2019.10.01〕
トウダイグサ ぺディランサス ユーフォルビア ミルクハーモニー 希少 多肉植物

斑がきれいなミルクハーモニーです。ペディランサス・ミルクハーモニーと呼ばれています。ペディランサスは属名だったのですが、現在は分類上ペデイランサス属はユーフォルビア属に統合されたのだとか。今の呼び名はユーフォルビア・ミルクハーモニーなのでしょうか。

多肉質な茎に羽のように葉が生えてます。とてもユニークでレアな雰囲気をまとっています。葉が白と緑に白縁取りなのでさわやかなイメージですね。我が家も購入したばかりですが、育て方について調べてみてもあまり載っていないので、同じペディランサス・ダイギンリュウを参考に育ててみようと思います。

 

Continue Reading
グリーン

レウィシア(レウイシア)・コチレドン エリーゼの植え付け・育て方 

JUGEMテーマ:花のある暮らし

レウイシア コチレドン エリーゼ

レウィシア・コチレドンは、ロゼッタ状の多肉質の葉を持つ北アメリカの高山原産の植物です。ロゼッタ状の葉の真ん中から茎が伸び写真のような色鮮やかな花を咲かせます。高山原産なので、寒さに強く高温多湿の夏が苦手です。レウィシア・コチレドンは学名で、一般名はレウィシア・エリーゼというらしいのですが、この品種は、園芸用に品種改良されたもので、四季咲きで従来のものより育てやすくなっているそうです。

 

葉が多肉質なので、用土や育て方は、ほぼ多肉植物と同様で大丈夫。一株でも十分可愛らしく美しいのですが、色を違えて数株寄せ植えすると見応えがある一鉢になります。我が家も3月に植えたばかりですが、年間通じて様子をご紹介したいと思います。うまく育てられればですが…。

 

Continue Reading
グリーン

つるばら(カクテル)の鉢植えをベランダで育てる

JUGEMテーマ:花のある暮らし

つるバラ カクテル

5月になって、我が家のカクテルも花盛りになりました。カクテルは、バラの中では育てやすく、鉢植えでベランダで育てるのも可能です。我が家では20年目を迎えました。今年は特に花付きが良く美しく咲きました。剪定以外特別になにもしていませんが…。

 

開花したばかりは中央が黄色いのですが、徐々に白くなっていきます。一重で、花びらの中央から外側に向かって赤くなっていくグラデーションが大変美しく可憐です。花が沢山つくのも魅力ですね。

つるバラ カクテル 

 

つるバラなのでオベリスクやトレリスを使い支えてあげると鉢でも十分育てることができます。伸び伸びと枝が広がるように育てるのも良いのですが、ベランダなのでオベリスクやトレリスにうまく枝を誘引すると、1ヵ所にたくさん花を咲かせることができて、とてもきれいです。我が家のカクテルの育て方を紹介します。

 

Continue Reading