グリーン

グリーン

植木鉢〔鉢植え〕の水はけと通気性/棚に水はけ用マットを敷く

鉢植えの植物にとって、水はけと通気性はとても大切です。植木鉢の素材はさることながら、植木鉢の底穴や底の形状は、水はけや通気性の点でとても重要なポイントなんです。最近のおしゃれな植木鉢では、鉢の底穴が小さかったり、底がフラットで水は...
グリーン

ビカクシダ(コウモリラン)・スパーバムの育て方:苔玉から板付けへ仕立てを変えながらハンギング 4年の生長

〔2021年7月31日〕今年になってから左右2枚立て続けに貯水葉が出ました。貯水葉が暑さ本番の前にすで大きく育って、久しぶりにバランスの取れたきれいな姿になりました。しかし、今年は梅雨が長かったためか、気になる茶褐色の斑点が胞子葉に広がっ...
2021.07.31
グリーン

植物の害虫駆除・病気にはコレ! 園芸用殺虫殺菌剤・ベランダ・ガーデニングの必需品

ベランダ・ガーデニングを始めて20数年が経ちます。虫が付いたり病気になる前に、予防が大事とわかっていながら、ついつい目が行き届かなくなって気がついたら、かなり広がっていた!なんてこと我が家ではよくおきています💦。ですが、優秀な薬品のおかげ...
2021.07.25
グリーン

板付けビカクシダの株分け方法:アルシコルネ・マダガスカルの親株から子株を分ける

親株〔左〕と子株達 2019年の8月に発生した子株たちも、大きく育ちました。丸2年なので、株分けは去年でもよかったんですが、子株をたくさんつけた風格ある姿が結構気に入ってまして現在になりました。混み込みで子株の貯水葉がきれいに展開で...
グリーン

ビカクシダ(コウモリラン)・アルシコルネ・マダガスカルの育て方:板付けの方法・夏越し・冬越し・カイガラムシの駆除

〔2021年7月21日〕 親株から子株を株分けしました。詳しくは、別の記事がございますので、こちらをご覧ください 株分け前の姿はこんな感じです。 2021.05.16 アルシコルネ・マダガスカル 〔2020...
2021.07.21
グリーン

ウチワサボテンの育て方・増やし方:小型のサボテン・バニーカクタス〔白桃扇〕・銀小判

小型のウチワサボテンのバニーカクタスです。銀小判とも呼ばれていますね。いくつも並んだ姿はまるでガウディの建築物を彷彿とさせます。アートな一鉢ですね。小型で愛らしい姿が人気です。ふっくらふわふわな感じでつい触りたくなりますが、実は細...
2021.07.12
グリーン

多肉植物 桜吹雪(アナカンプセロス属)の花が咲いて種ができるまで/開放花と閉鎖花による受粉/種まき/発芽

アナカンプセロス属 桜吹雪の花 咲いてる時間が短くて、おまけに閉鎖花で種子をつくることもできるので、花をちゃんと観察できたの初めてです。今年は注意深く観察したので、花の開花から種ができるまでをご紹介します。 アナカンプセロス属...
2021.07.10
グリーン

スキミア〔ミヤマシキミ〕の育て方:レッドドワーフ/ファイチー/マジックマルロー

〔2021.07.06〕ゆっくりですが、雄株のレッドドワーフやマジックマルローの蕾が増えてきました。我が家のスキミアは、一年の約3/4の期間を蕾をつけることに費やします。最近の様子についての詳細はこちらをご覧ください。 2021.0...
2021.07.06
グリーン

ヘリクリサム・レッドジュエルの一年を通した育て方・コツ 

〔2021.06.30〕4月の下旬一年育てたレッドジュエルにつぼみが付きました。初めは、鮮明な赤い蕾だったのですが、徐々に色が薄れ、6月に入ってから付いた蕾は、真っ白に!どうやら気温と関係あるようです。詳しくは、こちらを見てください。 ...
2021.06.30
グリーン

吊り(ハンギング)苔玉の作り方:ポトスは室内でハンギングして育てるのに最適

〔2021.06.27〕最初に苔玉を作ってから3度目の春、仕立て直した苔玉が順調に育っています。その様子をこちらに追記しました。 ワイヤーハンガーを加工して吊りフックをつくり、ポトスのハンギング苔玉を作ってみました。植木鉢のハンギン...
2021.06.27
グリーン

多肉植物のタキタス・キングスター〔グラプトペタルム属〕:ベルスやチェリープリンセスと何が違う?

タキタス・キングスター タキタス・キングスターが満開になりました。タキタス・キングスターは、大きくて鮮やかな深紅の花が咲きます。花の径は4.5㎝あり、その美しさは多肉植物でも屈指ではないかと思います。もともとはタキタス属のベルスとい...
2021.06.06
グリーン

フィカスの葉も食べる毛虫!マイマイガの幼虫に注意

大胆に葉を食べられたフィカス・バンビーノ こんなに食べられるまで気づかず迂闊でした。関東ではまだ梅雨入り宣言されていないというのに、ひんやりとして雨の日が多く、ベランダに出るのも最小限だったので、ついつい目が行き届かなかったんですよ...
2021.06.04
グリーン

ハオルチアの色素変異体:ゴースト/キサンタ・ゴールド

〔2021.05.28更新〕育て始めて2年目にはいりました。最近の様子はこちらです。 オブツーサ・ゴースト 我が家のオブツーサ・ゴーストの3月初旬の姿です。ゴーストというと、オバケやユウレイと呼ばれる葉緑素を含まない全斑の植物...
2021.05.28
グリーン

エケベリア・ロウの一年を通した育て方:綴化〔てっか〕・寄せ植え・紅葉・仕立て直し

2021年5月 エケベリア・ロウ 我が家のエケベリア・ロウは、育てて1年半になります。多肉植物は高温多湿の夏が苦手ですが、エケベリア・ロウは、比較的夏越ししやすく、育てやすい印象です。背が伸びて枝分かれするので、ちょうどよいところで...
グリーン

ヘゴノキ(ヒカゲヘゴ)の育て方:植え付けや水やりの方法、夏越し・冬越し 

2021.05.07 3年目の様子 ヒカゲヘゴは、沖縄などに自生する熱帯~亜熱帯のシダ性の植物です。多湿を好み水やりに多少コツや手間が必要ですが、ヘゴノキにとってちょうどよい陽当たりと風通し、水やりを行えば、年中生き生きと育てること...
2021.05.06
エアプランツ

エアープランツ(チランジア)を寄せ植えして飾る:コルクに固定・接着・着生する方法 イオナンタ、ハリシー、ファシクラータ

〔2021.04.14〕コルクに付けてから2年と9か月…、しっかり着生もして大きくなりました。最近になって少し葉の先が赤くなってきています。 チランジア・イオナンタ 〔2018年7月〕寄せ植えを作った頃の写真です。 バー...
2021.04.14
カラーリーフ

ゴムの木〔フィカス〕の挿し木は、水挿しで簡単に発根!

フィカスの枝を剪定したら、花瓶などのボトルに水を入れて挿すと、簡単に発根します。暖かくなってきた4月~6月は、観葉植物の剪定や挿し木に絶好の季節ですが、水挿しの場合は、室内でできるので、年中発根させることができます。ただし、成長期のほうが...
グリーン

ハオルチア・オブツーサ:赤から紫がきれいなオブツーサの大きさやかたちを比較してみた

人気のハオルチア、特に透明窓がきらきらと美しいオブツーサはとても人気です。その中でもポピュラーで誰にでも愛されるオブツーサといえば、ドドソン紫オブツーサ〔写真右上〕です。透明度が高く人気ですが、トゥルンカータと見分けがつきにくいと...
2021.03.28
グリーン

多肉植物の寄せ植え:紅葉のシーズン/移り変わり

〔2021.03.23更新〕昨年11月に作った寄せ植えは1月に紅葉のピークを迎え、3月下旬の今、春の訪れとともに少しづつ紅葉が褪めていっています。とはいっても葉の先端や葉を縁取るように赤が残り、かえって緑の清々しさが際立つ彩色鮮やかな寄せ...
2021.03.23
グリーン

アデニウム・オベスム(砂漠のバラ)の育て方:幹のブヨブヨ対策・購入直後の管理・夏の育て方と冬越し・害虫対策や植え替え、挿し木のやり方

〔2021.03.19〕春の目覚め!今年は新芽が出るのが早いですね。冬越しの際、コナカイガラムシが今年も蔓延って、新芽も奇形葉が出てしまいましたが、2月からオルトランとベニカファインスプレーxの併用で、治まってきたようです。新芽はピカピカ...
2021.03.19
タイトルとURLをコピーしました