リトープスの寄せ植え

スポンサーリンク
リトープス 寄せ植え
リトープスの寄せ植え

11月はリトープスの花が咲く季節ですね。園芸店でも色んな品種が9月あたりから出揃います。花も美しいですが、個体の色と模様もユニークです。リトープスは秋が一番見頃だと思います。我が家でも好みの種類で大型のものを集めて寄せ植えを作ってみました。鉢は直径12㎝です。大型のリトープスは、単独の鉢で管理した方が育てやすいと思いますが、間隔を詰めずにゆとりを持たせた寄せ植えで楽しむことにしました。完成したら、まるで色とりどりのスイーツのような心躍る鉢になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リトープスの寄せ植え

サボテン・多肉植物の土を使います。植え替えは花後がいいのですが、抜き苗で購入した個体もあります。そこで、ポット苗で購入したものは、根まわりの土はあまり崩さず、出来るだけ根を傷つけないよう注意して、移し替えるように植えつけました。植え付ける際、マグァンプKを混ぜこみました。多肉植物を植え付ける際は、3号鉢で1g、5号鉢で2gを目安にしています。今回は直径12㎝なので、その間くらいです。計ることもこともなく大体ですけどね。

ハイポネックス マグァンプK 中粒 200g

新品価格
¥507から
(2021/9/1 17:52時点)

3年くらいは植え替えをしないつもりで、間隔をあけて植え付けました。

使った鉢は、「イオニアスクワット」のL サイズです。

最後に化粧砂

上の写真で一度完成させたのですが、白の化粧石が映えると思い、盆栽などに使われる寒水石を敷いて仕上げました。この砂は、キラキラとして透明感もありきれいです。3mm程度の粒のものを選びました。

リトープス 寄せ植え

まるで和菓子のようですね。球の模様や色もユニークで美しいです。

リトープス 寄せ植え

もちろん、花も美しいです。

リトープス 大津絵の花
大津絵の花
リトープス 緑弁天玉の花
緑弁天玉の花

使ったリトープス

リトープス 寄せ植え

使ったリトープスは、「フラワーネット日本花キ流通」さんからも購入しました。とてもきれいなリトープスが揃っています。

リトープスの特徴

脱皮する

1月~2月くらいから脱皮が開始され、中から新芽が現れます。うまくいけば5月くらいまでに終わりますが、水やりが多いと脱皮に時間がかかったり、うまく脱皮ができないといったトラブルが発生します。

分頭する

種で増えるほか、分頭します。分頭して増えるのは2年に一度だといわれますが、我が家では必ずしもそうではありません。2年続けて分頭せず単頭のものもいます。

リトープスの花

リトープスの花期は、11月~1月ごろまでです。リトープスの中央の割れ目が開いて蕾が見えるとわくわくしますね! 一年間育てたご褒美のようです。花は、白か黄色でとても上品で美しい花ですね。

下の写真のリトープスは我が家で数年育てているリトープスで、ホームセンターなどでお手頃価格で寄せ植えで売られているタイプのものです。ふだんは地味にみえますが、花が咲くととたんに華やかにみえます。

リトープス 寄せ植え

我が家のリトープスの育て方

リトープスを育てるのに大切なことは、風通しの良い場所で陽によく当てることと、水やり頻度を控えめにすることかなと思います。我が家でも数年育てていますが、ほぼ放置気味に育てて、毎年脱皮もして花も咲いています。あまり手をかけず放置して育てるのが一番だと思います。

風通しは大事

植物全般に言えることですが、風通しはとても大事です。特に夏場は高温多湿になるので、風通しがいい所に置いています。床近くよりも棚の上などがよく、よく風が通るところに置くようにしています。

陽によく当てること

夏の強い直射日光は避けますが、その他の季節は、出来る限り長い時間、陽に当てるようにしています。一年を通してベランダで育てていますが、雨や雪などがかからないように気を付けています。真夏は軒下の明るめの日陰〔木陰で木漏れ日などが当たるところがいい〕で、冬は夜間5℃以下になるような場合は、室内に取り込んでいます。

水やり

水やりは個体に水をかけず、土に水やりするようにあげています。脱皮中はほぼ断水しますが、それ以外の期間は、年間を通して2週間に一度程度水やりしています。

  • 春は脱皮中なので断水
  • 夏は蒸れないように、気温の穏やかな夕方に、さらっと根回りを湿らす程度
  • 秋など気温が穏やかな時期は、たっぷりと水やり
  • 冬は、暖かな日に、さらっと根回りを湿らす程度

脱皮中は、ほぼ断水

早いものは1月くらいから脱皮の兆候が見えます。脱皮中は、ほぼ断水します。水分を多いと脱皮するはずの皮がいつまでも肉厚で枯れていかないので脱皮に時間がかかります。完全脱皮しないまま、気温が上昇すると蒸れて腐る可能性もあります。口が開いて中から新芽が見えてきたら水やりを控えます。

尚、下の写真は、我が家で前から育てているリトープスです。水やりが多かったのか、皮がなかなか枯れず肉厚で脱皮に時間がかかっています。しばらく断水しています。

リトープス 脱皮 分頭
リトープスの脱皮・分頭 3月下旬
リトープス 脱皮 分頭
リトープスの脱皮 5月下旬

2か月後、小さいのは、脱皮完了してます。大きいのもだいぶ脱げました。10月下旬の今も元気にしています。我が家は、脱皮の手伝いはしないようにしています。したくなりますが💦。傷ついて菌が入ったら腐ってしまうかもしれません。なにごとも放置です。

また、水やりが多いと脱皮中に新芽も脱皮してしまう『2重脱皮』を引き起こすこともあるようです。我が家は経験がありませんが、注意が必要ですね。

夏は、さらっと湿り気を与える程度に水やり

夏は完全断水の方もいらっしゃると思いますが、我が家は、夏場も、さらっと土を湿らす程度に水をあげています。根の部分くらいまでに湿り気が行き渡るくらいをイメージして水やりします。

秋…気温が穏やかになったら水やりを開始

秋は、もっともリトープスが生き生きする季節です。シワが寄ってきたら水やりをし、表皮の様子を数日見て、ぷっくりと張りが出てきたらOK、という感じで健康かどうかチェックしています。頻度でいえば月に2~3度くらい、たっぷり水やりします。

冬は、暖かな時間帯に土を湿らす程度にサラッと水やり

冬も5℃以下になると生長が滞ります。暖かな日を選び根を湿らす程度に水やりします。

スポンサーリンク
グリーン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
グリーン&インテリア ー 何気ない日々をおもしろく ー

コメント

タイトルとURLをコピーしました