植木鉢〔鉢植え〕の水はけと通気性/棚に水はけ用マットを敷く

スポンサーリンク

鉢植えの植物にとって、水はけと通気性はとても大切です。植木鉢の素材はさることながら、植木鉢の底穴や底の形状は、水はけや通気性の点でとても重要なポイントなんです。最近のおしゃれな植木鉢では、鉢の底穴が小さかったり、底がフラットで水はけを考慮されていないものもあります。そういう場合は、置く場所を工夫して、改善しています。我が家の水はけ・通気性対策をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鉢底穴や鉢底の凸凹が大事なのはなぜ?

植木鉢の底穴の役割

植木鉢の底穴の役割は2点あります。

排水口

水やりの際の余分な水を排出します。

水やりは、水分や栄養分の補給だけでなく、水と一緒に酸素を根や土の微生物に供給します。また、根や土の中の微生物が出した二酸化炭素を流しだすなど、水やり際にガス交換を行っています。土が常に湿っていたり、いつまでも乾かないような状態では、ガス交換がうまくできなくなり、根腐れを起こします。底穴から水が出るくらいたっぷり水やりするのは、ガス交換をしっかり行うためなんです。底穴は大事ですね。

空気の出入り口

根は、水に溶けた酸素を吸います。土が常に濡れていて空気と接していない状況だと、溶存酸素は少なくなります。ですので、土に微細な隙間があり、通気性がいいほうが、根腐れなどのトラブルも回避できるし、根の生長がよくなります。

また、高温多湿が苦手な植物などは、底穴も開放されている状態のほうが蒸れにくくなります。多肉植物などの夏越しは、風通しのよい場所にハンギングするなどして、熱を逃がし、空気の通りをよくしてやるとうまくいきます。

底面の水はけの工夫

底面には、排水口から出た水がうまく流れ出るために、足と呼ばれる盛り上がり部分と、水が流れ出る溝があります。

植木鉢の内側の側面に穴をつけたり、鉢底を盛り上げるのも、同様に水はけをよくするための工夫です。プラ鉢は、素材そのものに通気性がないですが、とても効率的に底の形状をデザインして水はけをよくしています。成形品の利点ですね。

スリット鉢は、水はけも非常によく、通気性もいいですね。外側の側面にスリットが空いているため、光が入ります。根は光を避けるので、根がぐるぐると回らず根腐れを起こしにくいというメリットがあります。スリット鉢は十分通気性がいいため鉢底石をいれる必要がありません。

底穴が小さい、鉢底がフラットの鉢はどうすればいい?

おしゃれな鉢で、底穴が小さすぎたり、鉢底が平らな鉢ありませんか? 鉢の機能を考えたら、鉢底には水はけをよくする工夫がほしいところですが、デザイン優先になる場合もありますよね。

例えば、下の鉢は、底穴が小さいうえに平らな鉢で、底が接する面との間に隙間もありません。陶器のようなつくりで、鉢自体の通気性もありません。だけど、デザインが好きで、ハオルチアの類はこの鉢を使っています。

鉢底が平らな鉢を使うための工夫

  • 水はけのよい土を使う
  • 鉢底石を多めに使う
  • 鉢底に隙間を作る

鉢底石と水はけのよい土は、すぐに対応できますね。

鉢底の穴を広げるのは、できる素材のものもあれば、割れる危険性のあるものもあるので、穴を広げる方法は考えないとします。鉢底に隙間を作ることで水はけをよくする方法にはどういったものがあるでしょうか?

鉢底に隙間を作るには

鉢底にクッションを貼る

クッションを貼るとクッションの厚みだけ空間を作ることができます。また、鉢底が凸凹の場合、置く場所が傷つきやすいですが、クッションを貼ることによって、傷を防止することができます。スペーサーとしては少し物足りないかもしれません。

セメント鉢などは、底穴が小さくても鉢自体が土の水を吸水して、側面から蒸発させるので、あまり気にしなくていい場合もありますが、セメント鉢でも鉢の裏側にコーティングして水が鉢にしみこまないようにしてあるものもあります。その場合は、やはり鉢底にスペースが必要ですね。

棚の通気性をよくする

大量に置く場合は、棚の方の水はけをよくするほうが楽ですよね。ワイヤーフレームやパンチメタル等の棚に置く。または、底穴を開放した状態になるようにハンギングするなどして、棚の方の通気性をよくします。

棚に水はけマットを置く

既に持っている棚は、フラットの板で、改めて買うのはちょっとという場合は…

デッキ用の水はけマットを棚に合わせてカットしてつなげると、リーズナブルに棚の水はけを向上できますよ。

細い棚の上もジャストサイズにカット
室外機上の棚にも設置
テーブル天板と鉢底の間に12mm程度の隙間をつくれます。

ハオルチアを置いています。ベランダの軒下の奥側になりますが、ここで夏越しさせています。水はけマットに朝夕水をかければ、打ち水効果で気温が下がるし、空気の対流が出来ます。まさに一石二鳥です。

棚に通気性がない場合は、水はけマットがおすすめです。

スポンサーリンク
グリーン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
グリーン&インテリア ー 何気ない日々をおもしろく ー

コメント

タイトルとURLをコピーしました