ヒペリカム・ゴールドフォームの育て方と寄せ植え:日照条件や季節で葉の色が変わる!オトギリソウ科の小低木

〔2022.04.23〕更新! 新緑の季節です。約1ヵ月前に伸び切った枝を剪定し、新芽が育ってきました。ライムグリーンの葉が春らしくきれいです。

ヒペリカム・ゴールドフォーム  寄せ植え
2022.04.23

〔2021.12.23〕 ヒベルカム・ゴールドフォームの葉色が深いオレンジ~レンガ色に色づきました。ここしばらく明け方がぐっと冷え込んだため、深い色合いになりました。

ヒペリカム・ゴールドフォーム 紅葉 寄せ植え
2021.12.23

〔2021.12.02〕11月~12月初旬、ライトグリーンの葉が、黄色~明るいオレンジ色に徐々に変化。この秋は暖かかったので、色づくのが少し遅く感じました。

ヒペリカム・ゴールドフォーム 寄せ植え
2021.12.02

ヒペリカム・ゴールドフォームは、ヒペリカム・カリシナムの枝変わりを固定させたOZ-Plantsさんのオリジナル品種です。春・夏はライトグリーンの葉ですが、寒さに当たるとオレンジ色に変わります。また、半日陰ではライムグリーン、陽当たりがいいところにおくとイエローに変化します。葉の色が変化するってわくわくしますね。葉の形やカラーが、60年代のレトロモダンを連想します。どの色合いのときも鮮やかでとても美しく、年中楽しめる植物です。

寄せ植え ヒペルカム ゴールドフォーム メラレウカ ゴールドファイヤー アジュガ
いろんな植物との寄せ植え 2019年
ヒペリカム・ゴールドフォーム 寄せ植え
株を増やして 2021年

こまめにピンチすると枝分かれして広がります。低木なので、グラントカバーなどにすれば、さぞ美しいだろうと思いますが、我が家はマンションで庭無しなので、鉢植えです。上の写真は寄せ植えですが、鉢植えでも十分楽しめますし素敵です。

ヒペリカム・ゴールドフォームの特徴

ヒペリカム・ゴールドフォーム オトギリソウ科
2019年10月 購入したポット苗

日照条件で色が変わる

半日陰ならライムグリーン、日向ならイエローの葉になります。

我が家でも、購入したばかりは、葉が黄色がかっていたのですが、曇りや雨で日が照らない日が続いた後、気が付いたらライムグリーンに変わっていました。わずか一週間くらいのことだったので、変化の速さにびっくりです。写真は、購入してすぐと約一週間後です。色変わっていますよね-。

ヒペルカム ゴールドフォーム オトギリソウ
ヒペルカム ゴールドフォーム オトギリソウ

そう思った矢先、昨日は晴天で、昼間うちのベランダは30℃くらいありました。深夜~明け方は14℃と寒暖差が激しく、今朝見てみると…。なんと、葉がオレンジがかっていました。これは、日照なのか、夜の冷え込みのせいなのかわかりませんが、植物の色の変化って結構速くて再び驚きました。

ヒペリカム・ゴールドフォーム オトギリソウ科

季節で色が変わる

寒さに当たるとぐっとオレンジ色に色が深まります。濃いオレンジ色~レンガ色になります。

ヒペリカム・ゴールドフォーム オトギリソウ科
冬の様子

春は、徐々に黄色になり、5月頃から夏はライムグリーン、そして秋になるとまた黄色く変化していきます。

ヒペリカム・ゴールドフォーム オトギリソウ科
夏の様子

花期

ヒペリカム属の花期は6月~7月なので、ゴールドフォームもその時期でしょうか。オトギリソウなので黄色いかわいい花を想像します。育てて2年とちょっとですが、我が家ではまだ花が付いていません。

耐暑性・耐寒性に優れる

夏の暑さにも冬の寒さにも強く、-8℃~37℃でも耐えられるそうですが、生育適温は5℃~25℃くらいです。それでもずいぶん適応の幅が広いですよね。厳しい寒さでは落葉することもあるとの情報もありましたが、首都圏での環境では、落葉することなくきれいに色づきました。

育て方

植え付け

水はけのいい土に植えます。根が丈夫なので切れても大丈夫だそうです。地下茎をもつので、地植えでは一つ植えれば年々広がりそうですね。植木鉢の場合もあちこちから芽が出てくる可能性があるので、春になったら折を見て植え替えしようと思ってます。

水切れに注意

土が乾いたら十分に水やりします。水切れを起こすと萎れてしまい、そのまま長い期間放置すると枯れてしまう危険性があるので、なるべく萎れないように様子をみて水やりするといいようです。

施肥

購入後2か月を過ぎたころから、化学肥料を月に一度程度与えます。大きくなるにしたがって肥料も多くします。大きくなってからは、普通の植物と同じように、生長期は緩効性肥料を2か月に一度、液肥は2週に一回くらい与えています。

ハイポネックスジャパン 肥料 プロミック 観葉植物用 150g

新品価格
¥448から
(2022/8/31 18:46時点)

剪定

刈り込まないと分枝しないそうです。よく伸びた場合は根元のほうから切っても枯れることはありません。丈夫です。

寄せ植えした植物

我が家が寄せ植えした植物について書いておきます。

秋の深まりとともに色が鮮やかになるカラーリーフで寄せ植えをつくりました。ヒペリカム・ゴールドフォームが差し色になるように他の植物を選びました。

2019年~

寄せ植え ヒペルカム ゴールドフォーム メラレウカ ゴールドファイヤー アジュガ
  • (左後ろ)メラレウカ・マウンテンファイヤー
  • (右後ろ)ユーフォルビア・ダイヤモンドフロスト
  • (左)ヒペリカム・ゴールドフォーム
  • (中央)アジュガ・チョコレートチップ
  • (右)アジュガ・ラテアート

2020年~2021年

ヒペリカム・アジュガ両方とも旺盛に広がるので、アジュガはべつの鉢へ移動。この鉢は、シンプルにヒペリカムを堪能することにしました。株を+3ポット加えましたが、1年で鉢全体に広がってくれました。

ヒペリカム・ゴールドフォーム 寄せ植え
2021.12.03
  • メラレウカ・マウンテンファイヤー
  • ヒペリカム・ゴールドフォーム
ヒペリカム・ゴールドフォーム 寄せ植え
2021.12.23

2022年

ヒペリカム・ゴールドフォーム  寄せ植え
2022.03.17

枝が伸びてきました。春も近いので思い切り剪定します。下の方には新芽が出てきています。

ヒペリカム・ゴールドフォーム  寄せ植え
2022.03.17 剪定後

思い切り切りましたが、1か月後には…

ヒペリカム・ゴールドフォーム  寄せ植え
2022.04.23

新葉が育ってきました。きれいなライムグリーンです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました