グリーン

ビカクシダ(コウモリラン)・リドレイの育て方:陽当たり管理、水やり方法と虫対策

JUGEMテーマ:植物


〔2019年5月26日〕

リドレイをコルク板に着生させてから約1年10ケ月です。順調に貯水葉も胞子葉も出して育っています。鹿の角を連想させる胞子葉も葉脈のメリハリが美しいキャベツのような貯水葉もスプーンのような形状の胞子葉もどれもユニークでかっこいいです。

それでいて、下の一年前と比較してみて分かるのですが、リドレイって、1年や2年といった短期間に株のサイズはそんなに大きく成長しないのです。厳密に言うと、サイズが大きくなるのにかなり時間がかかるのでしょう。うちにあるスパーバムやアルシコルネに比べると、格段にゆっくりです。これって、家で育てるのにわりと好都合だと思います。サイズがみるみる大きくなると扱いにくい面もありますし、部屋に置くのにちょうどいい大きさっていうのありますよね。

リドレイを育てていて、育てるのが難しい植物だと感じたことはありません。特殊な育て方もなく、日常的に環境と水やりを適度に気配ってやれば、その環境になじみ美しくそだってくれます。そんなわけで、丈夫で育て方も簡単、かっこいいリドレイの我が家での育て方をご紹介します。

 

リドレイ 室内

なお、リドレイをコルク板に着生させるときの注意点をまとめた記事はこちらにあります。
リドレイの仲間のアルシコルネ・マダガスカルを鉢植えから板付けに植え変えた記事はこちらにあります。
マダガスカルエンセの記事もこちらにあります。よろしかったら見てください。

 

Continue Reading
グリーン

フィカス・ウンベラータの剪定と増やし方:挿し木(水挿し)・取り木の方法と失敗しないコツ

JUGEMテーマ:植物

フィカス ウンベラータ 剪定 挿し木 水挿しフィカス ウンベラータ 剪定 挿し木 水挿し

フィカス・ウンベラータの剪定や挿し木は5月〜7月頃が適期です。ウンベラータの夏季はワンシーズンで20〜30cm伸びます。気に入っていた樹形が崩れてきたり、あるいは背が高くなりすぎて屋内外の移動や室内での採光などの点で扱いづらくなったと思ったら、この季節に剪定して形を整えるといいですね。適切な剪定をして、適度な陽当たりと風通しのよい環境で育てれば、元気で生き生きと育ってくれます。

また、切り取った枝から増やすのに、挿し木と取り木という方法があります。短い枝は挿し木が、長い枝は取り木が適していると思います。挿し木は、我が家では水挿し(水を入れた容器に挿して)で発根させています。水挿しも取り木もどちらも成功率高く発根します。

 

フィカス ウンベラータ 剪定 挿し木 水挿し
〔水挿し〕での発根

 

フィカス ウンベラータ 取り木 根が生えた
〔取り木〕での発根

 

剪定のコツや挿し木(水差し)、取り木の仕方について、我が家の方法をまとめてみました。

 

Continue Reading
グリーン

ビカクシダ(コウモリラン)アルシコルネ・マダガスカルの育て方:板付けの方法 夏越し 冬越し カイガラムシの駆除

JUGEMテーマ:植物

アルシコルネ・マダガスカル

アルシコルネ・マダガスカルは、切れ込みが深く均一で光沢のある胞子葉と凹凸のない丸い貯水葉が特徴です。鉢植えで育てていたのを板付けして一年が経ちました。基本的に丈夫で育てるのに手がかからないのですが、真夏の暑さには弱く、冬の室内ではカイガラムシが付きやすいなど、少々気を付ける点があります。胞子葉の裏の胞子嚢が成熟すると胞子がぱらぱらと落ちてくるので、室内で育てていると、床は胞子でざらざらになっていたり…。管理上の欠点が少々あっても、それの比ではない造形的な美しさがあります。

 

板付けした時の様子や年間を通した我が家の育て方を紹介します。

尚、植木鉢で育てても造形的にとても面白いですよ。植木鉢での記事はこちらにありますのでよろしければご覧ください。

 

Continue Reading
グリーン

カンパニュラ・ベルフラワー(オトメギキョウ)の育て方:ベランダで植木鉢で育てる・簡単なので毎年咲く

JUGEMテーマ:花のある暮らし

カンパニュラ・ベルフラワー

ベルフラワーを育てて7年目です。もともとはポット苗て購入したものですが、現在のようにツタのカゴにヤシマットを敷いて植え替えました。するとみるみる増えて現在に至ります。育てやすいのでベランダガーデニングにお勧めですよ。ほぼ放置なのに毎年鉢いっぱいに花を咲かせます。愛らしい青い花がこんもりと咲く姿は見応えがあります。

 

カンパニュラ・ベルフラワー 花

我が家の育て方をご紹介します。

 

Continue Reading
グリーン

ビカクシダ(コウモリラン)・スパーバムの育て方:苔玉仕立てのハンギング 2年の生長・胞子葉が出てきた

JUGEMテーマ:植物

〔2019年5月9日〕
ビカクシダ スパーバム 胞子葉

スパーバムを育てて2年経ちます。我が家のスパーバムは苔玉でのハンギングスタイルです。最近になってようやく胞子葉が生えてきました♪。

 

1年前はこんな感じでした。

〔2018年2月27日〕
ビカクシダ スパーバム

購入したばかりのころから比べるととても立派に生長しました。スパーバムはビカクシダの中でも丈夫で育てやすいと思います。白いトリコームに包まれた新しい貯水葉は、ずっと見ていても飽きないくらい美しいです。また、はじめて生えた胞子葉もトリコームに覆われて、形が可愛らしくユニークです。

我が家のこの育て方と生長の記録を紹介します。

こちらは生長のまとめ記事です。購入時についてはこちら、夏の育て方についてはこちらもご覧ください。昨年2018年5月にひと回り大きな苔玉に植え替えました。詳しくはこちらの記事を見てください。

 

Continue Reading