グリーン

アデニウム・オベスム:根腐れか?幹がブヨブヨ柔らかい状態から植え替えして復活。そして冬越し

JUGEMテーマ:植物

最近の生長について追記しました。詳しくはこちらを見てください。(2018/01/31追記)

アデニウム・オベスム

砂漠のバラと言われるアデニウム・オベスムを通販で購入。購入後2日で幹が柔らかくブヨブヨになってしまい植え替えをしました。初めて育てる植物だったこともあり、いきなり植え替えしなければいけない状態に陥ったのですが、持ち直し回復しました。砂漠で育つ植物は日本で育つものと性質が違いすぎて、うまく育てるのに手こずります。我が家と同じような初心者の方もいらっしゃると思うので、購入時の注意点や幹ブヨブヨの対策として参考になれば幸いです。

 

植え替えてからの生長は以下の通りです。植え替えから真ん中は2週間後、一番右は40日後です。

植え替え直後植え替え2週間後9月27日のアデニウム

 

夏の間に大分根元が太くなり、葉も増えました。

 

Continue Reading
グリーン

ビカクシダ(コウモリラン)・マダガスカリエンセを初めて育てるときの注意点・コツ  

JUGEMテーマ:植物

ビカクシダ マダガスカリエンセ 小型 簡易 温室 

ビカクシダ マダガスカリエンセ

マダガスカリエンセの子株を購入して5か月、乾燥しきった冬を越すのに簡易温室を作り、その中で育てています。育ちは上々、マダガスカリエンセの特徴でもあるワッフル状の凸凹もはっきりし、胞子葉も出てきました。

はじめてマダガスカリエンセを育てているのですが、温室などの設備なしで育てる情報が少なく試行錯誤な日々です。そこで育ててみて気になった点や工夫した点など、初心者ならではの視点で育てている様子を紹介したいと思います。この先もいろいろ試行錯誤しながら、このコが☆にならないように育てていきたいと思います。

 

Continue Reading
クリスマス

クリスマス・リースを手作りする:植物や木の実を使ってハンド・メイド 

JUGEMテーマ:クリスマス

クリスマス リース

クリスマスが今年も近づいてきました。いままでつくったクリスマスリースを写真で残っていたものだけなのですがご紹介したいと思います。我が家は毎年玄関にリースを飾っています。寒いこの季節、帰宅する家族やお客様がほっと心が温まって玄関を開けたくなるようなリースを飾りたい。そんな気持ちで毎年作ってきました。

つる(サンキライ)を土台にして作るリースや、植物を寄せ植えしたリース、玄関ドアだけでなく室内ドア、ちょっとした部屋のスペースを飾るリースなども載せています。よろしければ最後まで見ていってください♪

 

Continue Reading
グリーン

ハゼノキの育て方は簡単!ほぼ放置でもきれいに紅葉。でも育てる上で知っておきたい事

JUGEMテーマ:植物

ハゼノキ 紅葉〔2018.12.02撮影〕

今年の紅葉です。ハゼノキは、本来なら冷え込むごとに部分的に赤くなり、昨年の10月(2つ下)の写真のように緑の葉と赤の葉のグラデーションを見せた後で落葉します。今年はぐっと冷え込む時がなく、昨夜の冷えでようやくきれいに染まりました。今年の秋は、暖かく直射日光も強かったので、きれいに赤くならず、ムラムラに赤くなったり葉焼けしたようになって散るという状態でした。なので昨年のような美しいグラデーションを見せてくれず、気がついたらもう最後の紅葉です。残念ですが、今の状態を愛おしむように撮影しました。

 

下の写真は昨年の同時期のものです。また、購入してからの一年を通して分かった育て方のポイントについて書いています。

ハゼノキ 紅葉〔2017.12.01撮影〕

購入したときは、何の木かわからなかった木の寄せ植えもハゼノキと分かり紅葉の時期を迎えました。全ての葉が紅葉したので後は散るのみです。

ハゼノキって、いっせいに赤くならないのですね。部分的に赤くなり、その期間は短くすぐに落葉してゆきます。八月頃からその部分的紅葉は何回か起こり現在に至ります。

 

下の写真は10月の終わりの頃の写真です。緑から深い赤までグラデーションで紅葉していく様は想像以上に美しく、一鉢で秋を満喫できます。

ハゼノキ 紅葉〔2017.10.30撮影〕

 

ほぼ放置で育ててきたのでかなりおおらかな風情ですが、この一年の様子を紹介したいと思います。

この寄せ植えがハゼノキだと同定した記事はこちらになります。よろしかったら見てください。

 

Continue Reading