グリーン

ベンチ・シェルフ(室内用・木製・古材)に植物・鉢を飾る/窓際でも邪魔にならないスリムな奥行き

JUGEMテーマ:植物

秋、最低気温が15℃をきる日が増えだすと熱帯・亜熱帯原産の植物はそろそろ室内で管理する季節ですね。皆さんは室内での植物の管理と置き場所どうしていますか?我が家は南向きのベランダなので、秋〜冬〜春は、陽ざしが室内に差し込むようになり、窓際が植物たちの特等席になります。屋外メインで植物を育てている方も真冬や天候によって室内に取り込むこともあるかと思います。

我が家も多肉など小型の鉢植えは数を増すばかり。昨年までの棚では収まらなくなりました。そこで小さな鉢から7号(径21cm)サイズくらいまで置けて、奥行きスリムで使い勝手のいい棚がないか探していたところ、いい製品に巡り合いました。WOODPROさんのOLD ASIBA(足場板古材)ベンチシェルフです。これで一気に植物たちが片付いて理想の環境で育てることができます。それに古びた感じが部屋によく馴染むし、かっこいいんです。使用感や我が家でのレイアウトの様子を紹介します。

 

Continue Reading
グリーン

プラ鉢のペイント&リメイク:アクリル絵の具で植木鉢(プランター)をシャビーな風合いに変身

〔2019年10月10日〕プラ鉢のペインティング例を追記しました。

プラ鉢 ペイント プランター リメイク

植木鉢 ペインティング

植物を購入するとき、どんな鉢に植えようかと鉢を選ぶのも楽しみの一つです。ですが置き場所なんかも想像して、なかなかぴったりと合う鉢を見つけられない時ありませんか?

そんな時は、手持ちの鉢をペインティングするといいですよ。よくあるプラや陶器の鉢を自分好みにペインティングすれば、お部屋にしっくりする植木鉢が作れます。はやりのコンクリートの植木鉢は、とってもかっこいいのですが重量もありますね。ウォールシェルフなど耐荷重制限があるところに置くのはためらいがあります。最近プラスティックの植木鉢もマットなものやラフな質感のデザインの良いものが増えてきましたが、ちょっと色を差したり、素材感をつけるとシャビーでマットな風合いの植木鉢を作ることができます。

植木鉢とおなじ手法で、なんと寝室の壁をペイントしてみました。興味のある方はどうぞこちらも見てください。

 

Continue Reading
グリーン

フィロデンドロン・シルバーメタル(観葉植物)の育て方・増やし方:シルバーグリーンのメタリックな葉がインテリアにぴったり

JUGEMテーマ:植物

フィロデンドロン・シルバーメタル

フィロデンドロン・シルバーメタルです。メタリックなシルバーグリーンの葉はとても特徴的で、他に例のない美しさを醸し出しています。部屋に飾っておいても非常に印象的で素敵です。茎や葉柄もつやつやと光沢があり、まるで作りもののようですが、サトイモ科の植物です。

育てるのも増やすのもほとんどコツを必要としないほど簡単なので、経験的な視点で我が家の育て方・増やし方をご紹介したいと思います。

 

〔花器に活けるように増やす〕
フィロデンドロン・シルバーメタル 発根 水挿し 挿し木

 

 

〔スカイプランターに植えて生長する枝ぶりを楽しむ〕
フィロデンドロン・シルバーメタル スカイプランター 逆さ吊り

 

Continue Reading
グリーン

リコポディウム・フペルジア・ゴエベリーの増やし方:挿し木や葉挿しと少し違う葉伏せの方法(発根のコツ)/スカイプランターに植え付け

JUGEMテーマ:インテリア小物・雑貨

フペルジア ゴエベリ

リコポディウム・フペルジア・ゴエベリーはシダの仲間です。鮮やかな緑が美しく長く垂れ下がって、ハンギングすると素敵ですよね。

早春、立派だった上の写真の株を根ぐされさせてしまいました。株がダメになる前に、先端だけ切り取って葉伏せという方法で増やすことにしました。1度目は失敗しましたが、その失敗を生かして、2度目を工夫したところ、うまくいき発根が確認できました。

フペルジア ゴエベリ 生やし方 発根 葉伏せ

やはり適した時期と環境があるので、育てるコツなどをご紹介したいと思います。

また、発根した芽を、普通のハンギングプランターの他に、スカイプランター(逆さ吊りにするプランター)にも植え付けしました。スカイプランターの構造やメリットなどと併せて追記しました。

 

Continue Reading
グリーン

ペディランサス・ミルクハーモニーの育て方:トウダイグサ科の希少な多肉植物

JUGEMテーマ:植物

トウダイグサ ぺディランサス ミルクハーモニー 希少 多肉植物

斑がきれいなミルクハーモニーです。ペディランサス・ミルクハーモニーと呼ばれています。ペディランサスは属名だったのですが、現在は分類上ペデイランサス属はユーフォルビア属に統合されたのだとか。今の呼び名はユーフォルビア・ミルクハーモニーなのでしょうか。

多肉質な茎に羽のように葉が生えてます。とてもユニークでレアな雰囲気をまとっています。葉が白と緑に白縁取りなのでさわやかなイメージですね。我が家も購入したばかりですが、育て方について調べてみてもあまり載っていないので、同じペディランサス・ダイギンリュウを参考に育ててみようと思います。

 

Continue Reading