グリーン

多肉植物:福だるま(ふっくら娘)の増やし方と一年を通した育て方

JUGEMテーマ:植物

〔2019年6月3日更新〕
福だるま ふっくら娘

実はこれ、ぷっくり丸い葉が特徴のコチレドン属の福だるまです。

育てて2年とちょっとになります。多肉植物は、生長すると茎が木質化して写真のように大きくなります。適宜、芽を摘んで土に挿す〔挿し芽〕と根が生えてきて、お店で売られているおなじみの福だるまとなります。芽を摘み取られ、棒のようになった福だるまの本体も時間がたてば芽をだし、写真のような姿になるというわけです。約2年間、放置気味ですが、時々水やりして、葉が落ちて、そこから新しい芽が出てきてと繰り返し、現在こんな感じです。春の光に少々葉焼けして赤味を帯びていますが、それもまた桜の季節にぴったりで春を感じさせてくれます。

福だるまとは違う生物かのように見えますが、それはそれでオブジェの様。インテリアとしても結構気に入っています。生長は非常にゆっくりですが、生長の様子や挿し芽での増やし方を紹介します。

我が家で育てている多肉植物の寄せ植えについて書いた記事がこちらにあります。よろしかったらそちらも見てください。

 

Continue Reading
グリーン

ローダンセマム・アフリカンアイズの育て方:植え替え・切り戻し(剪定)

JUGEMテーマ:花のある暮らし

ローゼンセマム・アフリカンアイズ 花

ローダンセマムを育てて7年目くらいになります。乾かし気味に水やりをし、年数回の剪定と2〜3年に一度の植え替えをすれば、毎年沢山の花を咲かせてくれる丈夫な花です。どちらかというと過湿になりやすい夏が苦手で、切り戻し(剪定)して風通しよく管理します。冬の寒さには強いので、年中屋外で育てます。1年を通した育て方と植え替え・剪定について我が家の育て方を紹介します。

 

Continue Reading
グリーン

熱帯スイレン/ミニミニ ミロク:スイレン鉢不要 コンパクトサイズのウォーターガーデンを楽しむ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

熱帯スイレン ミロク ガラス容器

熱帯スイレン ミロク ガラス容器

夏が近づくにしたがって、涼を楽しむ鉢が欲しくなります。

この熱帯スイレンは、すごーくコンパクトで、ミニミニミロクという名前です。花を生ける感覚で、スイレンを楽しむことができる上に、途絶えることなく次々と花が上がってきて、いつも1〜2輪の花が咲いています。簡単だけど、とても爽やかな気分になりおすすめです。白い花のミニミニドウベンというのも売っています。

これは昨年の記録ですが、10月末まで花が咲きました。

 

Continue Reading
グリーン

フィカス・ティネケとデコラ・トリコロール:フィカスはゴムノキの仲間 斑入りゴムノキを見分けられる?

JUGEMテーマ:植物

フィカス バーガンディ ティネケ デコラトリコロール

ゴムノキは、観葉植物として昔から親しまれていますが、ここ数年、ずいぶんとおしゃれで個性的な種類が増えていますね。また、フィカスとつくものも多いですよね。フィカス・ウンベラータやアルテシマ、バーガンディやティネケなど、ガーデニングショップでもよく見かけます。フィカスとゴムノキって一緒なの?って思ったことありませんか?なんかスッキリしないのです。

また、我が家でも名前提示のない斑入りのゴムノキを2種、いずれもティネケだと思って購入したのですが、見比べてみたら微妙に2つが異なる気がしました。いろいろ調べてみたらティネケによく似たデコラ・トリコロールという種類を発見。2つの違いは何処なのでしょう?更にアサヒという似た品種もあるようです。ガーデニングショップの斑入りゴムノキはティネケがもっともよく見かけますよね?

いろいろな疑問が出てきたので、フィカスやゴムノキの分類や種類について調べてみました。

なお、うちではフィカス・ウンベラータやフィカス・バンビーノも育てています。
フィカス・ウンベラータの育て方はこちらの記事に、フィカス・バンビーノや斑入りゴムノキの曲げ方はこちらの記事にあります。よろしかったら見てください。

 

Continue Reading
グリーン

ビカクシダ(コウモリラン)・リドレイの育て方:陽当たり管理、水やり方法と虫対策

JUGEMテーマ:植物


〔2019年5月26日〕

リドレイをコルク板に着生させてから約1年10ケ月です。順調に貯水葉も胞子葉も出して育っています。鹿の角を連想させる胞子葉も葉脈のメリハリが美しいキャベツのような貯水葉もスプーンのような形状の胞子葉もどれもユニークでかっこいいです。

それでいて、下の一年前と比較してみて分かるのですが、リドレイって、1年や2年といった短期間に株のサイズはそんなに大きく成長しないのです。厳密に言うと、サイズが大きくなるのにかなり時間がかかるのでしょう。うちにあるスパーバムやアルシコルネに比べると、格段にゆっくりです。これって、家で育てるのにわりと好都合だと思います。サイズがみるみる大きくなると扱いにくい面もありますし、部屋に置くのにちょうどいい大きさっていうのありますよね。

リドレイを育てていて、育てるのが難しい植物だと感じたことはありません。特殊な育て方もなく、日常的に環境と水やりを適度に気配ってやれば、その環境になじみ美しくそだってくれます。そんなわけで、丈夫で育て方も簡単、かっこいいリドレイの我が家での育て方をご紹介します。

 

リドレイ 室内

なお、リドレイをコルク板に着生させるときの注意点をまとめた記事はこちらにあります。
リドレイの仲間のアルシコルネ・マダガスカルを鉢植えから板付けに植え変えた記事はこちらにあります。
マダガスカルエンセの記事もこちらにあります。よろしかったら見てください。

 

Continue Reading