グリーン

ビカクシダ(コウモリラン)・スパーバムの育て方/真夏の葉焼け 

JUGEMテーマ:植物

ビカクシダ・スパーバム 真夏のダメージ

関東では、9月に入り急に気温が下がりましたね。2月の購入から7月終わり頃までは順調に育っていたスパーバムでしたが、8月の間のサウナのような熱風攻撃にやられ、貯水葉の縁は焼き過ぎて乾燥したクレープの縁のようにビラビラになり、鹿の角のような葉の上部の切れ込みは伸び悩み写真のようなかわいそうな状態となりました。これって直射日光に当てず、明るい日陰でこうなったので原因はやはり熱波ですね。夏は順調に生長すると思っていましたが、猛暑のなかベランダできれいな貯水葉を育てるには難しいかもしれません。

スパーバムを購入した時の様子はこちらに、一年間の生長と育て方についてはこちらにまとめてあります。よろしかったら見てください。

 

Continue Reading
LINEスタンプ

LINEスタンプ:「多肉な気持ち」ー個性的で人を選ばない癒し系多肉植物スタンプ

JUGEMテーマ:LINEスタンプ

多肉な気持ち

ポップで楽しい多肉植物たちがあなたの気持ちを伝えるスタンプです。送り手も受け手も、老若男女を気にせず使えます。

相手への感謝や励ましの気持ちを中心に普段よく使うフレーズを揃えました。ユニークなイラストで、ほんわかさせたり、元気にさせたり、ぷっと笑わせたりできると思います。

お気に召してお使いいただけると、とてもうれしいです。

https://line.me/S/sticker/1527761

 

Continue Reading
グリーン

夏のベランダ:ウッドデッキのステップを繋げて縁側に

ベランダ デッキ 縁側

元々置いていたウッドデッキのステップにサイズ違いのものを2個買い足して、繋げて縁側にしました。ステップの両サイドにレンガを摘んで一体感を出してます。毎日暑い日が続きますが、夕涼みにちょうどいい場所になりました♪

 

Continue Reading
インテリア

エコカラットをウォークイン・クローゼットにDIYで貼ってみる。効果は?

エコカラット

脱臭や湿度の調整機能を持つエコカラットを、以前リビングのリフォームをした際、業者さんに壁の一面に貼ってもらいました。エコカラットの脱臭効果などについてはこちらの記事にも書いてあります。そのとき、エコカラット(グラナスルドラ)が9シート余ったので頂いていました。自分でどこかに貼ってみたいと思っていたので、床面積比で7〜8シートがちょうど良いクローゼットに貼ってみることにしました。クローゼットは、普段目につかない場所だし、枚数的にも自分で貼る練習をするにはちょうど良かったです。

自分で貼る場合のコツやグラナスルドラを貼る場合の注意点などもまとめてみました。また、エコカラットの効果を考えるとクローゼットはとても適した場所ではないかと思いました。貼った後の感想なども書きたいと思います。

 

 

Continue Reading
LINEスタンプ

小学生・中学生の通学・通塾・受験に使える 母・娘・息子のLINEスタンプ  

JUGEMテーマ:LINEスタンプ

スタンプ

 

母から子・娘・息子に送る通学・通塾 ラインスタンプ 母から子・娘・息子に送る通学・通塾 ラインスタンプ 母から子・娘・息子に送る通学・通塾 ラインスタンプ

 

「母から子へ」は、母が子供の通学・通塾を支援するためのスタンプです。子供への日常的な会話やはげましの言葉、塾への迎えや待ち合わせ、テストへのアドバイスなどがあります。塾や習い事に部活に受験勉強に忙しい小学生〜中学生のお子さんとのやりとりを楽しく円滑にします。

「女の子・男の子のための」は、母との会話を中心にお友達との会話にも対応しています。行き帰りを知らせるものや体調や気持ちを伝えるもの、またテストなどの出来を伝えるものなど、通学や通塾に使えるものを揃えました。

以前リリースした、

母編子編

の第2弾です。

 

1弾と2弾の違い

前回は小学生を対象に「母と子の中学受験」を意識していましたが、外出時間が遅くなりがちな中学生の通学や通塾などに対応し、より幅広い年齢層のお子さんに使えるようにスタンプの種類も見直しました。

第1弾の子供編は男女共通で抽象的なキャラクターでリリースしていましたが、女の子用・男の子用に分け、年齢層を第1弾よりも上の年齢の中学生にもお使いいただけるように配慮しました。

第1弾、第2弾それぞれお好みでお使いいただけれは幸いです。第1弾の詳細記事はこちらです。第2弾の詳細は、続きをご覧ください。

母と子の日常会話が円滑になり、お子さんの学校生活、通塾生活がより充実したものになり念願のスクールライフが遅れることをお祈りいたします。このスタンプがその一助となれば幸いです。

 

Continue Reading