グリーン

ハゼノキの育て方は簡単!ほぼ放置でもきれいに紅葉。でも育てる上で知っておきたい事

JUGEMテーマ:植物

ハゼノキ 紅葉〔2018.12.02撮影〕

今年の紅葉です。ハゼノキは、本来なら冷え込むごとに部分的に赤くなり、昨年の10月(2つ下)の写真のように緑の葉と赤の葉のグラデーションを見せた後で落葉します。今年はぐっと冷え込む時がなく、昨夜の冷えでようやくきれいに染まりました。今年の秋は、暖かく直射日光も強かったので、きれいに赤くならず、ムラムラに赤くなったり葉焼けしたようになって散るという状態でした。なので昨年のような美しいグラデーションを見せてくれず、気がついたらもう最後の紅葉です。残念ですが、今の状態を愛おしむように撮影しました。

 

下の写真は昨年の同時期のものです。また、購入してからの一年を通して分かった育て方のポイントについて書いています。

ハゼノキ 紅葉〔2017.12.01撮影〕

購入したときは、何の木かわからなかった木の寄せ植えもハゼノキと分かり紅葉の時期を迎えました。全ての葉が紅葉したので後は散るのみです。

ハゼノキって、いっせいに赤くならないのですね。部分的に赤くなり、その期間は短くすぐに落葉してゆきます。八月頃からその部分的紅葉は何回か起こり現在に至ります。

 

下の写真は10月の終わりの頃の写真です。緑から深い赤までグラデーションで紅葉していく様は想像以上に美しく、一鉢で秋を満喫できます。

ハゼノキ 紅葉〔2017.10.30撮影〕

 

ほぼ放置で育ててきたのでかなりおおらかな風情ですが、この一年の様子を紹介したいと思います。

この寄せ植えがハゼノキだと同定した記事はこちらになります。よろしかったら見てください。

 

Continue Reading
グリーン

植木鉢(プランター)のペイント&リメイク:アクリル絵の具でプラ鉢をシャビーな風合いに変身

 

プラ鉢 ペイント プランター リメイク

植物を購入するとき、どんな鉢に植えようかと鉢を選ぶのも楽しみの一つです。ですが置き場所なんかも想像して、なかなかぴったりと合う鉢を見つけられない時ありませんか?

そんな時は、手持ちの鉢をペインティングするといいですよ。よくあるプラや陶器の鉢を自分好みにペインティングすれば、お部屋にしっくりする植木鉢が作れます。はやりのコンクリートの植木鉢は、とってもかっこいいのですが重量もありますね。ウォールシェルフなど耐荷重制限があるところに置くのはためらいがあります。最近プラスティックの植木鉢もマットなものやラフな質感のデザインの良いものが増えてきましたが、ちょっと色を差したり、素材感をつけるとシャビーでマットな風合いの植木鉢を作ることができます。

 

Continue Reading
グリーン

ビカクシダ(コウモリラン):アルシコルネ・マダガスカルを鉢植えから板付けに植え替え

JUGEMテーマ:植物

アルシコルネ・マダガスカル〔2018.11.25撮影〕

アルシコルネ・マダガスカル バージンコルク 板付〔2018.07.22撮影〕

鉢植えで育ててきたビカクシダ(コウモリラン)のアルシコルネ・マダガスカルをバージンコルクに板付けしました。

鉢植えでのフォルムが素敵で気に入っていたのですが、株が大きく成長したため、鉢が小さくなりました。屋外に置いておいても風で転んでしまうので、植え替えすることに。最近我が家ではハンギングブームもあり、省スペース化も狙って板付けにすることにしました。

ビカクシダの貯水葉は、着生したところのかたちに沿って生長します。今回小さな植木鉢を覆いちょっと癖のある形に貯水葉が育っていたため大きくカットして板付けしました。そのあたりの様子などもご紹介します。

Continue Reading
グリーン

天人の舞・仙人の舞/金の卵・銀の卵(カランコエ・オルギアリス)の育て方:挿し葉で簡単に増やせる茶色い葉の多肉植物

JUGEMテーマ:植物

カランコエ オルギアリス 天人の舞 仙人の舞

カランコエ・オルギアリスです。昨年の秋、葉挿しで増やした苗がすこーし育ち、和の器に植え替えました。

植物って、育ちを楽しむ他に、器を選ぶ楽しみもありますね。オルギアリスをこの鉢に植えこんで、我ながらとても調和していると眺めてはにんまりする今日この頃です。

 

こちらは、親株の方です。育つとまた全然たたずまいが違いますね。

カランコエ・オルギアリスは、生長スピードは遅いですが、育てやすく、増やすのも簡単な植物です。

原産はマダガスカル、ユニークな多肉植物です。葉の表側は、シナモンパウダーをまぶしたような独特の色と質感を持っていて、おとぎ話の中の架空の植物のような風情があります。そして、どんなお部屋でもしっくりとくるインテリア性の高い植物だと思います。オルギアリスでも、和名では「天人の舞」「仙人の舞」とあり、我が家が購入したものは「天人の舞」のほうです。この違い(違いがあるのか?)についても後ほど触れたいと思います。我が家の育て方を紹介します。

カランコエ・オルギアリス 天人の舞 差し葉

 

Continue Reading
グリーン

エアープランツ キセログラフィカの育て方:着生は必要? 発根するとぐんぐん育つ

JUGEMテーマ:植物

キセログラフィカ〔2018年10月23日〕

2017年の7月にキセログラフィカのLサイズ〔直径約18cm〕を通販で購入、2018年の4月に発根しました。

その後ベランダで夏を越し現在〔2018年10月〕に至ります。夏には葉と葉の間の水タンクが発達し、朝夕水がたっぷりとたまるくらい、いつの間にかぐんぐん生長しました。そして肌寒い季節になり、最近は水やりがぐっと控えめになっています。

購入時から現在にいたるまで順調に育っています。我が家の育て方を紹介したいと思います。

キセログラフィカ〔2017年7月〕

 

Continue Reading