グリーン

ヒペリカム・ゴールドフォームの育て方と寄せ植え:日照条件や季節で葉の色が変わる!オトギリソウ科の小低木

ヒペリカム・ゴールドフォーム オトギリソウ科

ヒペリカム・ゴールドフォームは、ヒペリカム・カリシナムの枝変わりを固定させたOZ-Plantsさんのオリジナル品種です。夏はライトグリーンの葉ですが、ポット苗についているタグの写真のように、寒さに当たるとオレンジ色に変化するそうです。また、半日陰ではライムグリーン、陽当たりがいいところにおくとイエローに変化します。葉の色が変化するってわくわくしますね。オレンジ色に変化するのが楽しみです。上の写真の苗も、新芽は黄色くなってきています。

小低木なので、鉢植えにもよさそうです。我が家では、このゴールドフォームを寄せ植えに仕立ててみました。

 

寄せ植え ヒペルカム ゴールドフォーム メラレウカ ゴールドファイヤー アジュガ

ヒペリカム・ゴールドフォームこれからを育てるにあたって調べたことや、寄せ植えした植物についてご紹介したいと思います。

 

Continue Reading
グリーン

ガーデンシクラメン・ボンボニエールの寄せ植えと育て方:軽井沢育ち・紅白2色咲きで艶やかな寄せ植えに/贈り物にも

JUGEMテーマ:花のある暮らし

ガーデンシクラメン ボンボニエール 軽井沢育ち

ヨーロッパでは慶事に砂糖菓子(ボンボン)を送ることが多く、それを入れる器をボンボニエールと呼ぶそうです。皇室のお祝い事に贈られる品として知られていますよね。そんな幸せな名前がついたガーデンシクラメン・ボンボニエール。紅白の二色咲きで、ストライプ柄やグラデーションなど、花によって二色の出方が違い、お菓子の詰め合わせのように花色を楽しめるということで命名されたとか。その名の通り、華やかでわくわくする彩りです。このみずみずしく鮮烈な赤と白のカラーパターンは、いままでに無く新鮮で素敵です。

 

我が家では、秋になると、毎年ガーデンシクラメンの寄せ植えを作ります。ガーデンシクラメンは色の少ない冬のベランダに彩りを与えてくれるし、ガーデンシクラメンは丈夫で、花期が長く4月の終わり頃まで楽しめるからです。毎年夏越しは考えず、その年にときめく品種を選び楽しみます。今年は、ボンボニエールを一目で気に入り、寄せ植えを作りました。とてもきれいで幸運を呼びそうなガーデンシクラメンなので、自宅で楽しむだけでなく、贈り物にもピッタリだと思います。

 

Continue Reading
グリーン

葉の裏が薄紫のカラーリーフツリー・セイヨウニンジンボク・プルプレア(ミツバハマゴウ)は、葉も花も実も美しく、寄せ植えにもぴったり

JUGEMテーマ:植物

セイヨウニンジンボク プルプレア ミツバハマゴウ パープレア

セイヨウニンジンボク・プルプレアは、銅葉ニンジンボクやミツバハマゴウ・プルプレアとも呼ばれています。いちばんよく流通している名はセイヨウニンジンボク・プロプレアで、秋になると葉の裏が紫がかり、葉の表も薄茶がかった渋いグリーンになります。葉の表と裏の色合いがなんとも美しいニュアンスです。

 

 セイヨウニンジンボク プルプレア ミツバハマゴウ パープレア 実

晩夏から秋にかけて開花する藤色の花も美しいですが、秋になって葉の裏が紫が濃くなった姿は格別ですし、実も同系色で可愛らしいです。優しいニュアンスカラーの枝葉は、秋の寄せ植えをシックにまとめてくれます。

 

初めてプロプレアの苗木を購入し、寄せ植えに仕立ててみました。購入時のことや植え付けなどの様子を紹介します。自己流なのでうまくいくかわかりませんが、育ててみての様子など更新していきたいと思います。

 

Continue Reading
グリーン

ガガイモ科の多肉植物カラルマ・クレヌラータ:サボテンのような姿、摩訶不思議な花

JUGEMテーマ:植物

ガガイモ キョウチクトウ カラルマ クレヌラータ 花

ガガイモ科は遺伝子による新しい分類法でキョウチクトウ科に含められたそうですが、ガガイモの方が名前が通っていますね。カラルマ属クレヌラータは秋になるとなんとも不思議で魅力的な花を咲かせます。手まりのように丸く五角形のつぼみが折り紙のように展開して星型の花になります。雄しべや雌しべどうなってんの?と中央の部分をみると、なんとも魅惑的な造形の世界に引き込まれてしまいます。

 

我が家もまだ購入してから日が浅く、育ててみての感想を折々更新していきたいと思います。まずはクレヌラータの特徴や不可思議な花についてご紹介します。

 

Continue Reading
グリーン

ビカクシダ(コウモリラン)・マダガスカリエンセの育て方:初めて育てるときの注意点・コツ

JUGEMテーマ:植物

〔2019.10.22〕子株ができたので、株分けしました。株分けの様子はこちらです。
ビカクシダ・マダガスカリエンセ 貯水葉

マダガスカリエンセの子株を購入して一年とちょっと…。貯水葉と胞子葉が順調に出て育っています。新しく出るたびにマダガスカリエンセらしい凸凹がはっきり深くでできています。冬から春にかけて、湿度を維持するためにドーム型カバーをかけてその中で育てていました。夏に一時外に出してみましたが、マダガスカリエンセはやはり夏の高温に弱いらしく支障がでたので、また涼しく空調管理した室内管理に戻しました。結局、年中ドーム型カバーをかけて育てた方が調子がいいようです。

 

ビカクシダ・マダガスカリエンセ

マダガスカリエンセを育てるのは初めてで、温室などの設備なしで育てる情報が少なく試行錯誤な日々です。そこで育ててみて気になった点や工夫した点など、初心者ならではの視点で育てている様子を紹介したいと思います。

 

 

Continue Reading