グリーン

葉の汚れ・水あかをとってきれい(ツヤツヤ)にする方法:リーフクリンは簡単で効果的!

JUGEMテーマ:植物

リーフクリーン クッカバラ

葉につやがなくなったり、水あかの白いあとが付くとなかなか取り去るのが面倒です。そんな時には「リーフクリン」をスプレーすると、まるで新芽のようなみずみずしいつやが蘇りますよ。室内に植物を置くならぜひ使ってみるといいですよ。気分が上がります。

リーフクリンは、表面がつるっとした葉に適しており無害ですが、一部薬害がある植物や効果的でない植物があります。また、使用上の注意もあるので、その辺も含めて紹介したいと思います。

 

Continue Reading
グリーン

植物をハンギングして楽しむ:室外〔ベランダ〕と室内での吊るし方

JUGEMテーマ:植物

ベランダ 植物 ハンギング 突っ張り棒 

我が家ではハンギングスタイルに仕立てた植物が徐々に増えて場所に困ってきたので、ベランダ壁面に突っ張り棒とワイヤーネットでハンギング植物コーナーを作りました。夏季はちょうどいい明るめの日陰で、秋〜冬〜春には暖かい日差しも当たります。

季節に合わせて各々の植物に適合する場所で育ててあげたいですよね。

植物 ハンギング 室内 リビング ダイニング

もちろん時には室内に吊るしてリラックスするひとときを楽しんでいます。そんな我が家のハンギングをご紹介します。

なお、写真のポトスの苔玉は自作したものです。作り方はこちらを見てくださいね。

 

Continue Reading
グリーン

ポインセチア、プリンセチアをきれいに色づかせるための短日処理:剪定や害虫対策など一年間の育て方

JUGEMテーマ:植物

ポインセチア 短日処理〔2017年クリスマス頃〕

そろそろポインセチアの短日処理に入る時期がやってきました。

写真は昨年、ポインセチアを育てて一年目で、我が家で初めて短日処理をして赤くしたポインセチアです。昨年初めて短日処理した時は、素人がうまくできるのかとちょっと半信半疑でしたが、思いのほか美しく赤くなり、約2か月の短日処理もやってよかったと満足感が得られました。

そして今年は2年目、2回目の短日処理を9月下旬からやりたいと思います。今年は、ポインセチアに加えてプリンセチアも育てました。去年の12月初旬に購入したプリンセチアは、上のポインセチアより葉が大きい種類です。かなり見応えがありますね。プリンセチアもポインセチアと同じ育て方をします。

プリンセチア

短日処理に必要なことは

  • 毎日12時間以上遮光すること。例えば、17時に覆いをし、翌朝8時に覆いをはずして日に当てるを毎日繰り返す。
  • 少なくとも花芽が形成される40日以上、毎日欠かさず短日処理を行うこと。

習慣になれば簡単なこととはいえ、時間的に難しい場合も多いことと思います。だけど、やってみたいと思う方も結構いらっしゃるのではないかなとも思います。

去年の一年の育てた経験から、植え替え、剪定、短日処理、害虫対策について、気になったことや工夫した点などを紹介したいと思います。やはり、手間暇かけて色鮮やかに美しく育ったときのうれしさはひとしおです。今年はさらに美しく育ってほしいです。

 

Continue Reading
グリーン

購入したウツボカズラ〔ネペンテス〕の育て方:捕虫袋が枯れるー初心者が失敗なく育てるには、ミズゴケに植え替える

JUGEMテーマ:植物

ウツボカズラ ネペンデス〔ネペンテス・アラタ〕

ベランダ&室内で色々な植物育てています。食虫植物のウツボカズラを6月末に購入しました。購入したそのままの状態で2週間ほど水やり続けていても新しい芽も育たず全く生長が見られなかったのですが、ミズゴケ&あく抜きベラボンに植え替えたとたん元気な新葉が次々でて、袋も数を増やしすくすく生長しています。植えこむ素材でこんなにすぐに差が出るなんて初めてです。

また、上の写真のウツボカズラの他に下の写真のレッドアラタも同時期に購入。こちらも購入したまま2週間ほど育てていたのですが、新芽はまったく伸びず、しかも袋がつぎつぎと枯れていってたところ、ミズゴケ&あく抜きベラボンに替えると新芽がでて、袋の枯れも途中で止まりました。気難しいと思ったウツボカズラが植え替えでぐっと育てやすくなりました。

ウツボカズラ初心者ならではの視点で、我が家のウツボカズラの育て方を紹介したいと思います。

食虫植物 ウツボカズラ 〔ネペンデス・レッドアラタ〕

 

Continue Reading
グリーン

吊り(ハンギング)苔玉の作り方:ポトスは室内でハンギングして育てるのに最適

JUGEMテーマ:植物

最近の生長の様子をこちらに追記しました。(2018年8月27日)

吊り苔玉

ワイヤーハンガーを加工して吊りフックをつくり、ポトスのハンギング苔玉を作ってみました。

植木鉢のハンギングスタイルが一般的ですが、苔玉にしつらえると風情があって素敵です。また、ポトスは耐陰性があり丈夫なので室内で育てやすいうえに、つるがぐんぐん伸びるので吊るして育てるのに最適です。

写真の苔玉ポトスは、苗を買って苔玉に仕立てたばかりです。つるが伸びて垂れ下がるとさらに感じよくなりそうです。ポトスは生長が早いので、垂れ下がってくるまでもうしばらくといったところでしょうか。楽しみです。

どんな植物でも室内だけでは生長が難しく、やはり屋外の風通しのいいところで陽を浴びる必要があります。また水やりも吊るしたままではなかなか難しいですね。わりと頻繁に植物を上げ下ろしするのは、フックの掛け外しが簡単なほうがいいですよね。天井などの高いところから吊るす場合、掛け外しにいちいち脚立が必要になると面倒です。掛け外しを簡単にするには、吊り具が長くて自立していると便利なのです。ワイヤーハンガーを加工して作った吊り苔玉は、案外見た目もスマートで気に入っています。

我が家での吊り苔玉の作り方をご紹介します。

なお、室内やベランダでのハンギングの仕方については、こちらの記事にまとめてあります。よろしかったら見てください。

 

Continue Reading