グリーン

ポインセチア、プリンセチアをきれいに色づかせるための短日処理:剪定や害虫対策など一年間の育て方

JUGEMテーマ:植物

ポインセチア 短日処理〔2017年クリスマス頃〕

そろそろポインセチアの短日処理に入る時期がやってきました。

写真は昨年、ポインセチアを育てて一年目で、我が家で初めて短日処理をして赤くしたポインセチアです。昨年初めて短日処理した時は、素人がうまくできるのかとちょっと半信半疑でしたが、思いのほか美しく赤くなり、約2か月の短日処理もやってよかったと満足感が得られました。

そして今年は2年目、2回目の短日処理を9月下旬からやりたいと思います。今年は、ポインセチアに加えてプリンセチアも育てました。去年の12月初旬に購入したプリンセチアは、上のポインセチアより葉が大きい種類です。かなり見応えがありますね。プリンセチアもポインセチアと同じ育て方をします。

プリンセチア

短日処理に必要なことは

  • 毎日12時間以上遮光すること。例えば、17時に覆いをし、翌朝8時に覆いをはずして日に当てるを毎日繰り返す。
  • 少なくとも花芽が形成される40日以上、毎日欠かさず短日処理を行うこと。

習慣になれば簡単なこととはいえ、時間的に難しい場合も多いことと思います。だけど、やってみたいと思う方も結構いらっしゃるのではないかなとも思います。

去年の一年の育てた経験から、植え替え、剪定、短日処理、害虫対策について、気になったことや工夫した点などを紹介したいと思います。やはり、手間暇かけて色鮮やかに美しく育ったときのうれしさはひとしおです。今年はさらに美しく育ってほしいです。

Continue Reading
グリーン

購入したウツボカズラ〔ネペンテス〕の育て方:捕虫袋が枯れるー初心者が失敗なく育てるには、ミズゴケに植え替える

JUGEMテーマ:植物

ウツボカズラ ネペンデス〔ネペンテス・アラタ〕

ベランダ&室内で色々な植物育てています。食虫植物のウツボカズラを6月末に購入しました。購入したそのままの状態で2週間ほど水やり続けていても新しい芽も育たず全く生長が見られなかったのですが、ミズゴケ&あく抜きベラボンに植え替えたとたん元気な新葉が次々でて、袋も数を増やしすくすく生長しています。植えこむ素材でこんなにすぐに差が出るなんて初めてです。

また、上の写真のウツボカズラの他に下の写真のレッドアラタも同時期に購入。こちらも購入したまま2週間ほど育てていたのですが、新芽はまったく伸びず、しかも袋がつぎつぎと枯れていってたところ、ミズゴケ&あく抜きベラボンに替えると新芽がでて、袋の枯れも途中で止まりました。気難しいと思ったウツボカズラが植え替えでぐっと育てやすくなりました。

ウツボカズラ初心者ならではの視点で、我が家のウツボカズラの育て方を紹介したいと思います。

食虫植物 ウツボカズラ 〔ネペンデス・レッドアラタ〕

Continue Reading
グリーン

吊り(ハンギング)苔玉の作り方:ポトスは室内でハンギングして育てるのに最適

JUGEMテーマ:植物

最近の生長の様子をこちらに追記しました。(2018年8月27日)

吊り苔玉

ワイヤーハンガーを加工して吊りフックをつくり、ポトスのハンギング苔玉を作ってみました。

植木鉢のハンギングスタイルが一般的ですが、苔玉にしつらえると風情があって素敵です。また、ポトスは耐陰性があり丈夫なので室内で育てやすいうえに、つるがぐんぐん伸びるので吊るして育てるのに最適です。

写真の苔玉ポトスは、苗を買って苔玉に仕立てたばかりです。つるが伸びて垂れ下がるとさらに感じよくなりそうです。ポトスは生長が早いので、垂れ下がってくるまでもうしばらくといったところでしょうか。楽しみです。

どんな植物でも室内だけでは生長が難しく、やはり屋外の風通しのいいところで陽を浴びる必要があります。また水やりも吊るしたままではなかなか難しいですね。わりと頻繁に植物を上げ下ろしするのは、フックの掛け外しが簡単なほうがいいですよね。天井などの高いところから吊るす場合、掛け外しにいちいち脚立が必要になると面倒です。掛け外しを簡単にするには、吊り具が長くて自立していると便利なのです。ワイヤーハンガーを加工して作った吊り苔玉は、案外見た目もスマートで気に入っています。

我が家での吊り苔玉の作り方をご紹介します。

Continue Reading
グリーン

アデニウム・オベスム:根腐れか?幹がブヨブヨ柔らかい状態から植え替えして復活。そして冬越し

JUGEMテーマ:植物

最近の生長について追記しました。詳しくはこちらを見てください。(2018/08/22追記)

 

アデニウム・オベスム

砂漠のバラと言われるアデニウム・オベスムを通販で購入。購入後2日で幹が柔らかくブヨブヨになってしまい植え替えをしました。初めて育てる植物だったこともあり、いきなり植え替えしなければいけない状態に陥ったのですが、持ち直し回復しました。砂漠で育つ植物は日本で育つものと性質が違いすぎて、うまく育てるのに手こずります。我が家と同じような初心者の方もいらっしゃると思うので、購入時の注意点や幹ブヨブヨの対策として参考になれば幸いです。

植え替えてからの生長は以下の通りです。植え替えから真ん中は2週間後、一番右は40日後です。

植え替え直後植え替え2週間後9月27日のアデニウム

夏の間に大分根元が太くなり、葉も増えました。

Continue Reading
グリーン

カンパニュラ・ブルーワンダーの育て方:猛暑の屋外で夏越し(コツ・方法)つぼみが枯れる理由は

JUGEMテーマ:植物

ブルーワンダー〔2018年3月下旬撮影〕

この蒸し暑い日本の屋外でブルーワンダーを夏越しさせたい!本来は宿根草なのですが、原産がヨーロッパの高山なので、蒸し暑い日本の夏を越すのはほぼ不可能に近いようです。昨年は何とか夏越しできないかとチャレンジしましたが、むなしく失敗。それでも今年もやっぱり買ってしまいました。去年の失敗を生かしていくつか実践したことがあり、連日38℃の猛暑の現在〔2018年8月〕に、なんと!若葉が育ってきています。少々浮かれ気味でブログを書いています。ご興味のある方、読んでみてくださいね。

ブルーワンダー 若葉

ブルーワンダー 若葉〔2018年7月20日撮影〕

Continue Reading