グリーン

ハゼノキの育て方は簡単!ほぼ放置でもきれいに紅葉。でも育てる上で知っておきたい事

JUGEMテーマ:植物

ハゼノキ 紅葉〔2018.12.02撮影〕

今年の紅葉です。ハゼノキは、本来なら冷え込むごとに部分的に赤くなり、昨年の10月(2つ下)の写真のように緑の葉と赤の葉のグラデーションを見せた後で落葉します。今年はぐっと冷え込む時がなく、昨夜の冷えでようやくきれいに染まりました。今年の秋は、暖かく直射日光も強かったので、きれいに赤くならず、ムラムラに赤くなったり葉焼けしたようになって散るという状態でした。なので昨年のような美しいグラデーションを見せてくれず、気がついたらもう最後の紅葉です。残念ですが、今の状態を愛おしむように撮影しました。

 

下の写真は昨年の同時期のものです。また、購入してからの一年を通して分かった育て方のポイントについて書いています。

ハゼノキ 紅葉〔2017.12.01撮影〕

購入したときは、何の木かわからなかった木の寄せ植えもハゼノキと分かり紅葉の時期を迎えました。全ての葉が紅葉したので後は散るのみです。

ハゼノキって、いっせいに赤くならないのですね。部分的に赤くなり、その期間は短くすぐに落葉してゆきます。八月頃からその部分的紅葉は何回か起こり現在に至ります。

 

下の写真は10月の終わりの頃の写真です。緑から深い赤までグラデーションで紅葉していく様は想像以上に美しく、一鉢で秋を満喫できます。

ハゼノキ 紅葉〔2017.10.30撮影〕

 

ほぼ放置で育ててきたのでかなりおおらかな風情ですが、この一年の様子を紹介したいと思います。

この寄せ植えがハゼノキだと同定した記事はこちらになります。よろしかったら見てください。

 

Continue Reading
グリーン

植木鉢(プランター)のペイント&リメイク:アクリル絵の具でプラ鉢をシャビーな風合いに変身

 

プラ鉢 ペイント プランター リメイク

植物を購入するとき、どんな鉢に植えようかと鉢を選ぶのも楽しみの一つです。ですが置き場所なんかも想像して、なかなかぴったりと合う鉢を見つけられない時ありませんか?

そんな時は、手持ちの鉢をペインティングするといいですよ。よくあるプラや陶器の鉢を自分好みにペインティングすれば、お部屋にしっくりする植木鉢が作れます。はやりのコンクリートの植木鉢は、とってもかっこいいのですが重量もありますね。ウォールシェルフなど耐荷重制限があるところに置くのはためらいがあります。最近プラスティックの植木鉢もマットなものやラフな質感のデザインの良いものが増えてきましたが、ちょっと色を差したり、素材感をつけるとシャビーでマットな風合いの植木鉢を作ることができます。

 

Continue Reading
グリーン

購入したウツボカズラ〔ネペンテス〕の育て方:捕虫袋が枯れるー初心者が失敗なく育てるには、ミズゴケに植え替える

JUGEMテーマ:植物

現在の様子と冬の管理についてこちらに追記しました。〔2018.11.26更新〕

ウツボカズラ ネペンデス〔ネペンテス・アラタ〕

ベランダ&室内で色々な植物育てています。食虫植物のウツボカズラを6月末に購入しました。購入したそのままの状態で2週間ほど水やり続けていても新しい芽も育たず全く生長が見られなかったのですが、ミズゴケ&あく抜きベラボンに植え替えたとたん元気な新葉が次々でて、袋も数を増やしすくすく生長しています。植えこむ素材でこんなにすぐに差が出るなんて初めてです。

また、上の写真のウツボカズラの他に下の写真のレッドアラタも同時期に購入。こちらも購入したまま2週間ほど育てていたのですが、新芽はまったく伸びず、しかも袋がつぎつぎと枯れていってたところ、ミズゴケ&あく抜きベラボンに替えると新芽がでて、袋の枯れも途中で止まりました。気難しいと思ったウツボカズラが植え替えでぐっと育てやすくなりました。

ウツボカズラ初心者ならではの視点で、我が家のウツボカズラの育て方を紹介したいと思います。

食虫植物 ウツボカズラ 〔ネペンデス・レッドアラタ〕

 

Continue Reading
グリーン

ビカクシダ(コウモリラン):アルシコルネ・マダガスカルを鉢植えから板付けに植え替え

JUGEMテーマ:植物

アルシコルネ・マダガスカル〔2018.11.25撮影〕

アルシコルネ・マダガスカル バージンコルク 板付〔2018.07.22撮影〕

鉢植えで育ててきたビカクシダ(コウモリラン)のアルシコルネ・マダガスカルをバージンコルクに板付けしました。

鉢植えでのフォルムが素敵で気に入っていたのですが、株が大きく成長したため、鉢が小さくなりました。屋外に置いておいても風で転んでしまうので、植え替えすることに。最近我が家ではハンギングブームもあり、省スペース化も狙って板付けにすることにしました。

ビカクシダの貯水葉は、着生したところのかたちに沿って生長します。今回小さな植木鉢を覆いちょっと癖のある形に貯水葉が育っていたため大きくカットして板付けしました。そのあたりの様子などもご紹介します。

Continue Reading
グリーン

ハンギングに最適なトラディスカンティア・フルミネンシス(ラベンダー)の 育て方:斑がなくなった・緑の葉が出たときの対処方法/挿し木/植え替え

JUGEMテーマ:植物

トラディスカンティア ラベンダー

トラディスカンティアは、美しい斑が入るツユクサ科の多年草です。ほふく性があり、垂れ下がるのでハンギングすると素敵です。

耐陰性があり室内に置くことができますが、光に当ててやると斑入りがはっきりと鮮やかになります。

トラディスカンチア

 

我が家は、トラディスカンティア・ラベンダーをダイニングテーブルの上に吊るしていますが、壁の色や照明器具とマッチして優し気な雰囲気を醸してくれています。

トラディスカンティア ラベンダー

トラディスカンティアはとても丈夫で生育旺盛な植物なのですが、育てる上で一番の困りごとは、突然斑が入らなくなり緑一色の葉が生え始めることです。斑入り植物の先祖返りといわれますが、斑があるからこそ美しいのであって、緑一色になるとショックですね。

美しい斑入りの葉を保つため、どうすればいいのか、トラディスカンティアの日常のお手入れや先祖返りの際の対処法について、我が家の育て方をご紹介したいと思います。

 

Continue Reading